むりく花ぬ 咲かりょうり

GWに

PCのリコールの封書が来たのが4月半ば。
どうやら本体の電源ユニットが発火の恐れがあるらしい。
「ひぇぇぇ~」と諦めて大事なデータをバックアップして引き取りに出した。
(といってもメール関係と、NET関係だけだが)

そのときに気になったのが、
《点検で他に欠陥が見つかっても部品が製造中止なので修理は出来ません》の一文。

「もう8年目だもんな」とそれはそれで納得いったのだけど、実際に返ってきたら

《電源ボタンに破損が見つかりました》

「そりゃないわ。二年前に交換してもらったばかりじゃん」と思ったものの、
部品が無いのならしゃあない、いきなり電源が入らない恐怖は経験済み。
買い替えを検討するけど結局同じメーカーに決めた。
なんせ日本語の通じる
(これは言語という意味でなくお互いの気持ちが通じるというか
初心者っぽい質問にも丁寧に答えてくれる親切な)
サポートセンターがついている。
そして初心者でもない、上級者でもない私くらいには、
ここのメーカーのが使いやすくていい感じ。


OSを使い慣れたXPにするとプラス10000円もアップするんだけど、
やはりそれに決めてNETで発注。
メモリー4GB、HDD160、今回はDVDも積んでそこそこに仕上げる。
二日ほどして知ったことだけど、XPのサポートは2014年で終わるとのこと。

「ん、待てよ、私は幾つだ?」
「ゲ、その年でウィンドウズ7に変えれるか・・・?」
「いや、ひょっとしたらまた新しいOSになっているかも・・・?」
不安は膨らむ。
大阪のこの環境ならわからないことはすぐ教えてくれる友人に恵まれているけれど、
その辺りはどうなっているやら、わからん。
(コールセンター・カミジ~、ありがとう)


いろいろと比較検討して結局ウィンドウズ7にした。
これなら2020年までなんとかなる。その後はその後・・・。

問題はデータの引越し。
修理の時のようにはいかない。
USBメモリーやらCD-Rやら考えたけどファイルサイズを考えて結局外付けのHDDにした。
小さくても320GB。誰がそんなけ使うん!と突っ込みながら赤くて小さくて気に入ってる。
このGWはPCのこと(いろいろ考えてそしてお買い物は楽しい)
ちょっとお堅い文章の作成(とても勉強になったし、これはこれで楽しかった)
データの引越し(とてもスムーズで楽チン!)
そして肝心なし・ご・と(いろいろと問題山積みでちっとも楽しくない)と
バラエティに富んでいた。

さ、PCがやってくるのを待つことにしよう。
[PR]
by murikupana | 2010-05-05 09:46 | 日々のあれこれ
<< 結構好きかも リーダー会議 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧