むりく花ぬ 咲かりょうり

明後日は9月

怒涛の8月だった。重なるときはこうなるって見本のような。
ここを読んで心配された人からメールあり。
これ以上放っておくとますます心配かけるので、近況を。
私の覚書でもあるし…。

猫の元気は術後2週間は点滴だけで命をつないだ。
その後、鉱質コルチロイド(ステロイドの一種)と造血ホルモン(エスポー)の投与で
とりあえず餌を食べられるまで復活した。
まだまだ量も少ないし、BUNは下がったけどCREは高いままだし
(これってかなり腎臓がダメージを受けているかららしい)
私の願いが「もう一度お腹一杯ご飯を食べさせてあげたい」だから、
完全ではないけれど何とか近づいている。

クーラーは取り付け完了。
けれど結局壁をぶちぬいて配管を取り付けた。
かなり不細工だが、仕方がない。あれ以上時間はなかった。

母は、体調不良から徐々に回復(元気の回復と歩調を合わせたように)
けれど体調不良になったという後遺症からか
外を一人で歩けなくなった。
誰かが付き添えば安心らしいが、時間もかかるし暑いので
ヘルパーさんに毎日来てもらうように手配。
今は車椅子でお医者さんやスーパーに買い物に行っている。
涼しくなったら自分の足で歩くから…と言っているが、
果してできるのだろうか、かなり不安である。

私はと言えば、毎日猫の病院と、家事(調理)と仕事とでかなりぐったり。
感謝祭の独唱もひどい出来だった。
毎日眠くて休んでしまう状態だったので、練習時間が全く取れなかった。
お手伝いいただいた〇ニタンや〇川さんには感謝の気持ちで一杯。
リハではどうなる事かと思ったでしょうね。さぞ、ヒヤヒヤされたことだろう。
許されるならもう一度お二人にお付き合いいただいてリベンジしたいな。
今回の感謝祭はとても楽しむどころではなかったので、次回こそはもっと楽しみたいと思う。

もう少ししたらこの生活のペースもつかめると思うので、
今よりは楽になるだろう。
時計のベルトが緩いなぁと思っていたら、体重がまた一キロ落ちていた。
[PR]
by murikupana | 2010-08-30 22:15 | 日々のあれこれ
<< 宝塚三線クラブ4周年記念おさらい会 おいおい、もうやめてえな~ >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧