むりく花ぬ 咲かりょうり

2014年 元旦に。

母が「足が痛い・・・」と言って体調を崩したのが、2012年の12月27日。
ちょうど奈良へお墓参りへ行こうとしていたその日の朝早く。
それから私の日常が激変しました。
足が痛い、長時間立っていられない、ということは家事がすべて私にかかってきます。

毎朝その日の昼食と夕食を作り、会社へ。
休みの日は一気に調理の下ごしらえをして冷凍する作業をします。
その隙間出ジムへ行き、唄三線、笛、太鼓の稽古。
家計の計算も、母の銀行の通帳管理もすべて、私。

体調管理も必要だし・・・とジムへ行って、新しくヨガを始めたら
左足の膝が悪化し、ふたたび特殊なインソールのお世話になっています。
「もう若くないねんなぁ・・・」と納得しています、いえ、せざるを得ないというか・・・。

良くやったよね・・・と自分をほめてみたものの
悔しいのは三線の稽古のやり残し感がありこと。
木曜日、皆と稽古しながら、自分の出来無さにいつも冷や汗を掻いていました。
先生もきっと口には出さないけど「成長がないなぁ・・・」と思われていたはず。

さ、今年は大きな目標は掲げないけど、
少し稽古時間を増やして一つずつ曲を自分のものにしていきましょう。
今年の年末に「やり残した・・・」と思わなくてすむように。
このあと三線の弾き初めをします。
[PR]
by murikupana | 2014-01-01 11:24 | 日々のあれこれ
<< 心に残った言葉 現代アッパーパー考 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧