むりく花ぬ 咲かりょうり

心に残った言葉

一日二回書くなんて、今まであったかしら。

いただいた年賀状を読んでいて、心に残った言葉です。
自分は短く言葉を紡げないので、いつも難儀するのです。
短くても気持ちの籠った言葉にドッキリします。嬉しいなぁ~!
皆様、本当にありがとうございます。


・この二月でとうとう古希を迎えます。すっかりおばさんしてます。
 (東京時代、住んでいた奥沢の居酒屋のお姉さん。飲み仲間でした)

・今年こそはと思いながら、大阪の地は遠いなぁ・・・・。
 (大和商事時代の後輩。一時大阪に住まい、のち結婚して東京に)

・良く遊び、良く学び、老いてますます大変。飲むのも楽じゃないです。
 (東京時代に住んでいた下宿の娘さん。もちろん年上です)

・前期高齢者になりました。
 (一つ目の職場、大和商事の先輩。鹿児島在住)

・息子も三月に20歳です。
 (阪神、企画室時代の後輩。東京在)

・年賀状のみの安否確認ですが、私も今年60歳になります。
 (彼女16歳、私大学生。バイト先で知り合った友人。もう10年以上会えていません)

・いつも明るい笑顔をありがとう
 (生死の境をさまよい、勝ち抜いた大切な友人)

・今年こそ!
 (会社の元上司。ということは・・・優勝!)

・稽古日が自分の生きがいとなっております。
 (今年の新入会の男子。イケメンです。)

・40歳にしてパパになりました。毎日がドキドキです。
 (先生も良く知っている京都の友人)

・私ことではありますが、現職場で正規社員になりました。
 (稽古で那覇に行ったとき、出会った小学生。文通が始まりました。もう社会人です)

・サミセン、頑張ってくださいね。
 (大切な方のお母様)

・1月2月は越城節で
 (支部の後輩。はい、頑張りましょう)

・昨年はお会いできて嬉しかったです。今年は一献!
 (10年ぶりで会えた、追っかけ時代の大切な友人)

今日は弾き初めをしました。
赤馬節~しゅうら節
鷲ぬ鳥節
かぎやで風
鶴亀節~矼ゆば節
越城節
祖平ぱな節
大田屋節
なかなん節

なんか本調子ばかりでした。
その後、布さらし節(石垣・大川)を稽古。
石垣は「わしたみやらび」の「み」の尺の音が難しく、何度も確認しました。
また「ぬヌネ」の「ぬ」が四まできちんと下ろすように歌いました。
先生に確認したら違うかもしれないのですが、とりあえず声楽譜通りに。
大川は尺と高い尺が入り混じるのですが、
自分で歌い分けられているのか自信がありません。
簿妙にごまかしている部分があるのでもうちょっと正確に歌えるように稽古します。

今日は年賀状の整理と唄の稽古と贅沢な一日でした。

あぁ、太鼓!
[PR]
by murikupana | 2014-01-01 21:59 | 日々のあれこれ
<< 布晒し節 そして太鼓 2014年 元旦に。 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧