むりく花ぬ 咲かりょうり

通し狂言 菅原伝授手習鑑

国立文楽劇場開場30周年記念、通し狂言菅原伝授手習鑑に行ってきました。
そしてこれは七世竹本住大夫さんの引退公演でもあります。
c0023461_00095725.jpg














泣くやろなという予感がありました。そしてきっちりハマり、泣き、酔いました。
文楽を見始めてまだ一年半、たった6回です。
そのうち5回の公演で住大夫さんを聴きました。長く見続けた人にとっては
「何だ、たった5回…」かもしれませんが、
でもそれでも最後に間に合って良かったと思います。

住太夫さんは桜丸切腹の段を語りはったんですが、
父親の白太夫の「南無阿弥陀仏」のお念仏の繰り返しのなんとせつない事。
泣けて、泣けて。
渋くて燻したような声、緩急の付いた説得力のある語りに引き込まれ、
時間を忘れました。言葉が美しく、品の良さ。
ご高齢やから引退もせんない事なんですが、正直もっと聴かせていただきたいと思いました。



[PR]
by murikupana | 2014-04-09 00:12 | 日々のあれこれ
<< 17回忌 27日の木曜日稽古 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧