むりく花ぬ 咲かりょうり

関西合同立ち稽古

昨日は6月の民謡コンクールに向けて、関西の支部の合同立ち稽古がありました。
衣装もきちんとつけて、審査員席も設けて、呼び出しから何から、
本番そのままにやります。模擬試験ですね。

やはり一番緊張するのは新人賞を受験する人たちでしょうか?
勝手がわからないし、知らない人たちの前で歌う事もあまりないでしょうから。

歌については各地に教師がいますので、ここに書くのは差し控えますが、
衣装については少々苦言を、

着物着なれていないのは理解しますが、
一度でも着付けや着用感などのイメージトレーニングをしたのでしょうか?
アイロンが掛かっていない、
前がはだけている、
裾が落下傘になっている・・・など。
自分が身につけるものですから事前にチェックするのも心掛けです。
さすがに何人かの先輩はきちっと着ておられましたが、
どうぞ後輩たちに教えてあげてくださいね。

まず、

バサーは縮みますから二度ほど水を通して縮ませると、
袖や丈が長くて切ったとしてもそれ以上縮まないので大丈夫です。
バカンスはポリ混ですから縮みません。
もともと、うしんちーができる長さですから帯をするときは
長くておはしょりがもたもたします。
きちんとみんさー帯で隠れるように処理しましょう。
友人には最初から内側におはより分を縫いこんで、
そのまま着れるようにしている人もいました。
それでなくても受験でドキドキするのに、余計な労力は使いたくないですからね。
そして、肌襦袢には襟芯をつけてピシッとさせましょう。

着姿は礼節の審査に入りますから、こんなところで減点されたくありません。
それとバサーは裄と着丈の長い人が何人かいました。
労働着ですから、裄は短めに。
着丈も長かったらもたもたして働くどころではないでしょ。

三線のかまえ方でずれそうな人が気になりました。
あれでは集中して歌えません。
工夫して自分にとっていいポジションを見つけてください。

泣いても笑っても後一カ月ほど。
最高のコンディションで力一杯、歌ってください。
健闘を祈ります。

[PR]
by murikupana | 2014-05-19 23:35 | お稽古
<< なんだかなぁ 軟骨ソーキ&ポン酢掛け >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧