むりく花ぬ 咲かりょうり

初インフルエンザ

なんか変!?と思ったのは夜10時過ぎです。
明日は出勤なのになんか調子悪いなぁ。
鼻炎の薬は飲んでるのになんか身体だるいし、関節がぎしっと痛い。
「やばいかも」と嫌な予感がして救急病院に電話をしました。
こんな時の予感って当たるんですね。
「今からインフルエンザの検査してもらえますか?」
「良いですよ。来れますか?」
「自転車で走ります」
20分後に到着し、事情を説明。
可愛らしい看護師さんが「鼻の奥をぐりぐりするので辛いかも…。」と
ティッシュ、ビニール袋と吐いてもいい用意をしてくれました。
「あ、大丈夫です。鼻を通すのは耳鼻科で慣れてますから」
確かにぐりぐりと痛かったのですが・・。

すぐ、笑顔で看護師さんが出てきてきっぱりと「B型陽性です!」
なんで笑顔?と思いましたが患者の発生が日常なんでしょう。

私はタミフルを処方され、職場にどう伝えようと思いながら帰宅しました。

インフルエンザっていきなり高熱になるって聞いていたから
自分の熱の上がり方は違うと思っていましたが、結果は一緒でした。
枕元に水を入れた水筒、グラス、ティッシュ、体温計とセットして寝ました。
寝る前に測ると38.5分、うつらうつらとしてトイレに起きて測ると39.9分。
人生初インフル、初タミフル、初39度台。はじめて見る数字。
熱なんて37.5度も上がるとふらふらなのに、39.9。
「見なかった事にしよう」と一生懸命寝ようとしましたが
やはり1.2時間ごとに目が覚め、水を飲み、の繰り返しで朝を迎えました。
きっと下がっている、期待して測って37.5分。
「えぇ~、まだ下がっていない」
タミフルの効果を期待していただけにショックでした。
その日は夕方再び38度まで上がりました。
そして今朝、体温計の数字が輝く36.5分。
「よっしゃ~!!」「長かった~!!」

今回の教訓は
母が調子を崩す事があってもその逆を想定していなかったことです。
母への説明としてマスク着用、手の洗浄、一階と二階に別居、食事も別、などを
理解させるのに苦労しました。 時にはけんか腰で(笑)
何よりも母の食事をどうするか。
まるまるヘルパーさんも来ずにディサービスもない日が一日あり、
買い物にも行けないので、あるもので作りましたが自分は食べられず。
立ってられなくて二回も貧血を起こすありさまでした。
だんだん母も心配になってきたのか、「お姉ちゃん、入院する?」
「バカ!年寄、子供じゃあるまいし、
インフルくらいで入院なんてでけへんわ!」とまた言い合い。
母に納得させるのにまた消耗して。

こういう時にこそ緊急でヘルパーさんを手配できるようにしておかなきゃ…と
反省しました。
自分は絶対元気!ではないんですよね。
それに私の周りには『母と娘』この組み合わせの友人が多くて。

声を大にして。
「老後はずっと先…ではないからね。
親の病気は、こちらの段取りの組みようで何とかなるけど、
その逆は大変だよ」って。

会社にも休暇で迷惑を掛けました。
体調管理も仕事の内って若い頃から教えられていたのに。
土曜日まで、もう少し我慢して休養します。





[PR]
by murikupana | 2015-02-25 20:26 | 日々のあれこれ
<< 母も 謹賀新年 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧