むりく花ぬ 咲かりょうり

ありがとう、くうちゃん

くうが4月24日11時15分、虹の橋へ旅立ちました。
今、箱の中で花に囲まれたくうと一緒にお酒を飲んでいます。
この5年間、慢性腎不全の闘病を良く頑張ったねと褒めてあげながら。

22歳と10カ月。
ずっと私の傍にいてくれました。

まったく餌を食べられなくなったのが20日の夜から。
それでも翌日はよたよたの足で必死で歩いて抱っこをせがみました。
抱っこして~、撫でて~、しんどいから下ろして~
何度も同じことの繰り返し。か細い声で要求していました。
22日にはもう鳴きもせず、歩く事も出来ず、
おしっこは寝たままペットシーツの上で…でした。
大好きなチーズをあげると小指の先くらい食べました。
これが最後の食事でした。
筋肉がないので体温調節ができず、ずっと抱いて温めました。

23日は休日なので一日くうと一緒に過ごしました。
もうろうとしているのでしょうが、視線を感じてふと顔を上げると
くうがじっと見つめていました。
「お母さん、すごくしんどいんだけど、なんでかなぁ。」とでも言いたげな目。
もう輸液はしませんでした。

夜は、意識のないくうと一緒に休みました。
今夜だろうなぁと覚悟していたので、なるべく楽に、苦しまずにと願いました。
痙攣が始まり、少しずつその間隔が短くなり、
そのたびに声を掛け、撫でてあげて。
眠れないまま、朝を迎えました。

どうしよう、今日は仕事だし、最後の時に傍にいてやれない。
くうはまだ息をしています。
幸いな事に母の介護に妹が来てくれる日だったので、
すべて妹に託して出勤しました。

妹から電話があったのが11時30分でした。
くうがこの5年のしんどさから解放された瞬間です。
喜んであげなきゃと思いましたが、やはり泣いてしまいました。
駄目ですねぇ~。

けなげな子です。
明日、明後日と大工先生の特別稽古があります。
もし一日ずれたら、こんなにゆっくりとお別れの時間が持てなかった。
明日だったらお母さん、困るしね…とでも思ったのでしょうか。

猫炬燵にしてから夜は、お布団にもぐり混んで来なくなりました。
ちょっとそれが寂しかったのですが、
最後の5日間はずっと私の枕の横で眠りました。
最後の最後、とても濃いお別れの時間が持てたと思います。

今日は少し泣いていますが、もう明日からは泣きません。
病気に対して出来るだけの事はしたし(輸液の注射が上手になりましたよ)
めそめそするのはくうが嫌がるでしょう。
今頃は虹の橋のたもとで蝶々を追いかけていると思います。
私がそこへ行くまで待っていてくれるはずですから。

ありがとう、くうちゃん。この20年余り、楽しかったよ。
バイバイ、また、ね。
c0023461_23551757.jpg







[PR]
by murikupana | 2015-04-25 00:00 | くう&元気&もも
<< 差し上げます 覚悟せんとあかんかなぁ >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧