むりく花ぬ 咲かりょうり

えらいこっちゃ!

昨夜、一本の電話。
「ゆかの結婚式に出てくれるって忙しいのに悪いなぁ。ほんで頼みがあるんやけど。」
「なんですかぁ?」(実はとっても悪い予感)
「なんか、わしの鳥とか、はんじょう節とか言う唄あるんやて?うとてくれへんかなぁ」
「え゛~~」

詳細は、

ランニング仲間の娘さんが昨年結婚した。
大阪でも遅ればせながら披露宴をやる、その余興にということ。
出会ったときは小学生だったのに、と思うと感慨深い。
その娘が遠く西表の上原に嫁いでしまった。そうそう会える距離ではない。
ご両親の気持ちは、喜び半分、寂しさその1.5倍だろうか。
もともと出席すると返事してあったけれど、あと1週間しかない。
しかも人前でピンで歌うのはコンクール以来、トータルでもそう何回も経験していない。
曲は、あちらからのたっての希望で、歌えるのならデンサー節も、とのこと。
新郎の中学生の妹も太鼓をするから伴奏つけるよぉと明るい声。

上原の人の前で、デンサー節・・・・・・・

で、腹をくくりました。
気持ちを切り替えて、後1週間あるやん。
お祝い事やん。
どれもなじみの曲やん。
西表から来る人たちにも喜んでもらえるやん。

今日からしばし、鷲ぬ鳥、目出度節(松竹梅)、デンサー節をご近所に聞いていただくことになる。
歌詞は師匠がNETに書いていた“お目出度バージョン”を使わせてもらおう。
[PR]
by murikupana | 2005-10-09 09:23 | 日々のあれこれ
<< PCの前で 濃いねぇ、みんな >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧