むりく花ぬ 咲かりょうり

小芋の唐揚

きっと気にしてくれたんや。
顔を見たとたんにそう思った。

「いきます?」「はい!」

気の会う仲間と楽しいお酒。
年齢、性別、仕事関係なく、志を同じくする人たちとの楽しい会話。

ごめん、気を使わせて。
もう大丈夫。私は幸せ者。
小芋の唐揚が何時になく美味しかった。

ありがとう。
[PR]
by murikupana | 2006-03-24 08:32 | 日々のあれこれ
<< 師匠のライブ IN ハイビスカス 気を取り直して >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧