むりく花ぬ 咲かりょうり

救急車

母が2度目の救急車を呼ぶ羽目になってしまった。
一度目は食べすぎによる急性腸炎。そして2度目が風邪による吐げ下し。
年をとると一番弱いところに症状が出るんだろう。どちらも胃腸にきてしまった。

最初はびっくりしたが、2度目はそうでもない。
仕事中に電話がかかったが、「今すぐは帰れないから自分で呼んで。
病院についたらまた電話して」と結構非情なことを言ったがしょうがないね。
事実商品お届けの最中だったんだから。。。
病院に着いたら、点滴を受けていた。


青春時代が戦争で食べ物に不自由したせいか、彼女は食べることが大好き。
いつも私よりも食欲がある。
その人が食事制限とは辛いだろうと思うが、しょうがない。
重湯、お粥、お饂飩、と消化のいいものばかりが続く。
そして私はおさんどんの時間が続く。休日なのに稽古もままならない。
ずっと台所に籠ったままだった。


ふと「介護」という二文字が浮かぶ。プルプルプル。。。

お母さん、もうちょっと待って。もう少し時間頂戴ね。
[PR]
by murikupana | 2005-01-23 22:34 | 日々のあれこれ
<< 記憶力 忍ぶ駒 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧