むりく花ぬ 咲かりょうり

神経衰弱?

c0023461_2319019.jpg京都の友人が一人暮らしを始めたので
ぷらっと遊びにいった。
10年来の友人で、
若いけれども私には唄三線の先輩になる。
なんともいい声で
「こんな風に歌えたらいいなぁ」と憧れている。

初めての一人暮らしと聞き
ちょっと心配していたが彼女の性格そのままに
きちっと片付いたこじんまりとした部屋。
彼女の韓国旅行のこと、私の那覇での稽古のこと、共通の友人の話。。。と花が咲く。



最近お気に入りでよく作るという韓国料理をいただき、お腹ごなしにCDを聞く。

彼女とは流派が違うのでお手本にしている先生が違い、それがCDコレクションに現れている。
私が持っていないものを彼女が持っていて、それらを集中して聞く。
途中で「波照間のしんしんの歌を聴く?」となり、どさっと出てきたのがこのMDの数々。
今までのお稽古を録音したもので、
録音したのはいいけれど、タイトルを貼り付けていないのでどれがどれやらわからない。
彼女にはなんとなくわかるらしく、「あ、これこれ」「次はこれ」とかけてくれる。
まるでトランプの神経衰弱のよう。
しんしんは亡くなられたので、思い出の声。彼女にとってとても大切なMD。

楽しかったなぁ。しばらくぶりにゆったりと聴けた八重山民謡。

でも。。。。部屋の整理整頓は上手なのに、すべてが片付け上手とはいかないようだね。
[PR]
by murikupana | 2005-02-12 22:19 | 日々のあれこれ
<< 八重芸 課題曲 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧