むりく花ぬ 咲かりょうり

歯医者

母を歯医者に連れて行った。
15年ほど前に右下奥歯を5本一緒に金冠を入れた。
そこが調子が悪いようで、ぐずぐずしていたがエイヤッと連れて行った。

強気な母だったが年のせいか最近弱気でしかも怖がりときている。
先生が麻酔をして治療しましょうと言われたのをどうやら私に断ってほしかったようだ。

先生の話をじっくり聞いてみると
「お年のわりに8020に近く、治療をすればもう少し持ちますよ」とのこと。
(80歳のときに20本の歯があることが理想らしい。)
母はがちまやぁなので、おいしく食事をするために、
またもっと高齢になってからの治療は嫌でしょう。。。と説得して治療してもらうことになった。


この5本一緒に金冠をかぶせるという治療は今はされていないらしく、
先生も「僕もこんな方法は習っていませんとのこと」
金冠を切断して歯を露出すると一番奥の歯はもうグラグラ。
即「これはだめですね。後は何とか大丈夫です」との宣告がなされ1本を抜く。
ほんとに簡単に抜けて、寿命だったのがわかる。

怖がりの母にしてはよく我慢したが、
合計2時間の治療はかなりどきどきしたらしく家につれて帰るとぐったりしていた。
先生も私がずっと傍で見学しているのでやりにくかったろう。
私はと言えば、先生の治療をずっと観察させてもらい、とても興味深く面白かった。

これから毎週水曜日は母の歯医者通いにに付き合うことになる。
先生がホッとしたように私に向かって「水曜日は付き添えるんですね」と念を押していた。
どれだけ母が「怖い」を連発したか想像が付くだろう。
あぁ。。。。
[PR]
by murikupana | 2005-02-24 00:53 | 日々のあれこれ
<< コンクール とぅばらーま >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧