むりく花ぬ 咲かりょうり

カテゴリ:日々のあれこれ( 221 )

新CD

大工先生の新CDがもうすぐ発売されます。c0023461_21234686.jpg

すごいなぁと思います。
唄者として第一線で活躍すること、
CDを発売すること、
そんな簡単にできることではないから
「すごい!」って感じます。

タイトルもいいですね。
「『Blue yaima (ブルーヤイマ) 
/ 大工哲弘 」
 プロデュースは久保田麻琴さんです。
八重山の歌から、
関西フォークシーンを彩った曲、
そして演歌まで幅広い内容になっています。
とっても楽しみ。

5月8日発売予定だそうです。
[PR]
by murikupana | 2013-05-03 21:25 | 日々のあれこれ

EO光にしました

先日、EO光にしました。

私も定年、母も高齢で、そろそろ私が家計を切り盛りしなくちゃいけないのかなぁ…って
思っている矢先に昨年末、母の膝が悪化、
否応なく全てをしなくちゃいけなくなりました。

そこで家計を見直すと結構無駄があります。
日常の買い物の無駄は可愛いもので、大きいなぁと思ったのは通信費。

母の命綱の固定電話・・・NTT 
私のパソコンのプロバイダー・・・so-net
私の携帯・・・au と、バラバラで無駄ばかり。

この際、エイヤってケイオプティコムでまとめました。
ま、私もスマホにしようかなって考えていたことも影響しているのですが。

さて、工事もすみ、PCアドレスも入手してさて、友人に連絡…と
ここで私のずぼらな性格が災いしました。
まず送る前にアドレス帳を整理しなくちゃどなたに送り、
どなたに送っていないか把握できません。
最初何名かに送り、それに気付きました。

で、アドレス帳の整理も済み、送り始めて結構アドレスを変更されている方が多いのです。
いっぱい帰ってきます。最初はえぇ~って思いましたが、あまり気にならなくなりました。
先方からの変更お願い漏れか、この際友人の整理ってされたか、
それもそれ、最近連絡していない友人も多かったですから、仕方ないですね。
(最近メールしていないのに、フェイスブックで繋がっていたり。変やなぁと思いますが)

ただ、「変更登録しました」って返事をいただいた方が何人かおられます。
感謝です。嬉しかったなぁ。変更していただけたことがわかりますものね。
大人のマナーやと思いました。
ありがとうございます。

まだ、アドレス帳の半分が残ってます。
おいおい送りますので、待っててください。
[PR]
by murikupana | 2013-04-18 13:41 | 日々のあれこれ

見つけました

今日は休日。
午前中は三線の稽古をして、午後は会社の健康診断でした。
何しろバリウムを飲んだ日は、あとあと頭痛がするので、休みの日に合わせます。
梅田で終了したのが2時過ぎでした。
遅めのランチをするつもりでかっぱ横丁の外側を歩いていると
「楽譜」「映画・演劇・音楽」などガラスに映る古書店のコピーが目につきました。
何に惹かれたのかわかりませんが、わざわざ戻ってぶらりとお店を探索しました。
春の陽気に誘われたのかな。

その中の一軒のお店で見つけてしまいました。
宮城信勇先生が昭和51年に書かれた八重山ことわざ辞典。
おもわず心の中で「おぉ~!」と叫んでいました。
中を開けるとだいたい一ページに二つのことわざと解説、
見開きで4つのことわざが載っています。
本文がひらがなで書いてあるので、
まるででぃらぶでぃの歌詞を読んでいるみたいですが、とても面白い。
古書だから高いかなと奥付けをみると、それほどでもない。
重いのが難点ですが(辞典だから仕方がないですね)
明日から通勤で読んでみましょう。楽しみです。

中から一つ。

ぴぃとぅ ぬ くとぅ すぃっかー どぅー かい どぅ かいる
他人 の 事 を すれば   己   に   ぞ  帰る
「情けは人のためならず」ですね。
発音のお手本があれば良いのですが…
一昨日に」「琉球諸語の復興」もきているのでしばらくは
楽しみながら勉強できそうです。


昭和51年の発行ですから38年ほど過ぎてから
私の手元にくるなんて、不思議な縁を感じました。
まして、普段は通りもしない古書街で見つけてしまうのですから
なお一層の不思議です。思わぬ掘り出し物でした。
  
 
[PR]
by murikupana | 2013-04-15 23:35 | 日々のあれこれ

難しいねぇ

難しいねぇ、人間関係って。
なんだか、落ち込むばっかりだ。

ばっと何もかも捨てられたら、楽だろうねぇ。
きっと、できないけどね。
さ、もう寝よう。
[PR]
by murikupana | 2013-02-04 01:07 | 日々のあれこれ

2013年 こんにちは!

もう新年4日も過ぎました。
百貨店勤務は福袋を販売するので正月休みは基本ありません。
元旦は休めますが(販売促進部催事課、装飾課勤務の時は元旦から仕事していました。)
2日から出勤なので普通のお休みと一緒。違うのは通勤で周りが静かなことでしょうか。

さて、年末に母の膝が急に悪化しました。
変形性膝関節症。
加齢により徐々に悪化していたのが、急に痛みがひどくなったのだと思われます。
奈良の墓参りは車椅子に乗せて何とか行きましたが、
普段の買物が全くできません。
家の中も杖とかベッドのヘリとか何かに掴まってないと移動できず
よちよちとトイレに行くのがやっとです。

それでも人間はお腹が空くもの。
調理が一気に私の肩にかかってきました。
まだ、何とかこなせます。だってお節があるもの…。
これからです、大変なのは。

昨日はポトフ、明日はカレー(ルーじゃなくってカレー粉を使う
本格的なチキンカレーにしました)
とにかく作り置きができて温めるだけのものが助かります。
今、母はナイトディサービスに行ってます。
食事付なので助かります。
ほんの少し、私が自由になる時間。ちょっと幸せ。

さ、昨日のんを温め直して、私も食事にしましょう。

ケ・セ・ラ・セラ・なんとかなるでしょう。
[PR]
by murikupana | 2013-01-04 18:13 | 日々のあれこれ

2012年私の10大ニュース

眠れないまま、つれづれに
自分にとってどんな一年だったのか、振り返ってみました。

1.還暦を迎え、定年しました。
良く働いたと思います。波乱万丈。
倒産→自営→阪神へ。
私を社会人として育ててくれた大和商事は倒産しましたが
最後は阪神で26年勤務できました。
なんだかあっという間でした。

2.琉球民謡設立10周年記念大阪公演の開催
実行委員の一人として奮闘し、結果500名の会場が満員御礼でした。
定年前年休があったからこそ、一日の全てがこれにかかりきり、
事務局として機能したと思います。
拙い実行委員でしたが、なせば成る!ですかね。
もちろん自分ひとりでできることではなく、師匠は違うけれど
同じ歌三線を目指す他の実行委員の方々の協力があってこそ、です。
人と、知恵とその他一杯の財産をいただきました。
感謝しています。

3.左足甲剥離骨折
太鼓の稽古の後、大太鼓を肩に転倒しました。
つくづく自分の年齢を意識した瞬間です。
そのまま、太鼓のコンクールで沖縄へ。
あれは火事場の馬鹿力でしたね。

4.太鼓の優秀賞
民謡協会の器楽部門「太鼓」で優秀賞に合格しました。
これからもっと勉強です。

5.新しい家族、もも
まだ2歳ですが、超可愛いにゃんこです。

6.笛に挑戦
7.イベント・文化仕掛人学校の仲間との再会
8.姪の結婚式
9.中村勘三郎の逝去
10.初文楽鑑賞

なんだか最後の方は尻すぼみですが、
それぞれの出来事が、自分にとって感慨深いものがあります。
一年間、無事に送れました。ありがとうございます。
さて、来年はどんな年になるのでしょうか?
楽しみです。
[PR]
by murikupana | 2012-12-31 01:42 | 日々のあれこれ

鬼の霍乱?

私は鬼ではありませんが(笑)普段は至って頑丈なのでどちらかというと病気知らず。
しんどいかな…と思う程度では、仕事も遊びもやめません。
でも年に一度か二度、必ず風邪をひきます、しかもここ一番という大事な時に。
プラス発熱なら、大ごとになります(発熱に弱いので…)

今回は8日、9日の先生来阪時の特別稽古での時でした。

8日は「あれ?ちょっと気配?」程度でした。
少し前から受付カウンターに応援で、ほぼ喋りっぱなしの毎日でした。
喉の粘膜が辛かったので気をつけていたのですが・・・。

8日、歓迎会と二次会を終え、帰宅して就寝中に寒気を感じました。
翌朝から絶不調。悪寒、嘔吐、下痢、発熱。
でも先生の稽古には行き、午前中は何とか凌いだのですが
ランチの後に、ダウン。

先生にお詫びして帰りました。
大事な一日、先生のお世話ができなくて本当に申し訳なかったです。
先生の普段元気な私をご存じなだけに「あれ?」って思われたでしょうね。
周りのKさん、Yさんにも迷惑をかけました。


そのまま寝る、寝る、寝る、一旦起きて水を飲み、寝る、寝る、寝る。
夕方4時から翌朝8時30分まで何と16時間30分、ひたすら寝ていました。
その日はとにかく会社へ行きましたが翌日またダウン。
内科で点滴を受け、終日休んでなんとか復活しました。

年々、体力がなくなるなぁと自覚し、ジム通いをして体力維持に努めていたのですが、
肝心な時にダウンするなんて、あぁ、情けなや・・・です。

病名は風邪による急性大腸炎。ノロならもっと迷惑かけていましたね。
まだ不幸中の幸い。

ちなみに鬼の霍乱って「揮霍撩乱(きかくりょうらん)」からきているそうです。
[PR]
by murikupana | 2012-12-16 00:07 | 日々のあれこれ

合掌

中村勘三郎さんが亡くなられました。
悔しい、もったいない、あぁ、なんで・・・と昨日はショックを抑えきれませんでした。

私は吉右衛門の長くの贔屓で、もう20年以上歌舞伎を見ています。
ひいきは別ですがそれでも勘三郎さんは「うまいなぁ…」という役者の一人でした。

吉右衛門と華の匂いが全く違う、それでいて当代一の役者でした。

俊寛も上手かったけれど、法界坊や釣女などコミカルな役どころに
天才的な輝きを見せていました。

髪結新三、魚屋宗五郎、夏祭浪花鑑、見た舞台の一つ一つを思い出します。

吉右衛門(やそれ以上の年代)と若手をつなぐ貴重な役者さんでした。

めったにないのですが、ワイドショーを見て涙が滲みます。
本当に 「もったいない、この若さで、なんで・・・」 とため息をついています。
悔しいですね。

私は平成中村座を映像でしか見ていません。
ま、いつか見れるね…と思っていましたが永久にそれはかなわなくなりました。



合掌。
[PR]
by murikupana | 2012-12-07 00:26 | 日々のあれこれ

大阪マラソン2012

日曜日、久しぶりにジムへ。
いつものようにいつものメンバーと大和川の河岸をウォーキング。
折り返し地点で西側をみると向こうの車道を大阪マラソン出走者が走ってゆきます。
「同じなら側道を通って(ジムへ)帰る?」

誰ともなく言い出してマラソンコースを逆走、応援しながらジムへ帰ることにしました。

我が社のメンバーや、元西天満の沖縄居酒屋の店主、西天満の歯医者さん、
野田の居酒屋の店主ご夫妻などなど、大勢走っているので
一人くらい見つけられるかと思いきや・・・、全く駄目。
人・人・人で誰もわかりませんでした。

そりゃ3万人走っているのですものね。仕方がないか・・・。

ちょうど平林の交差点あたり34キロ地点、スタートして2時間40分くらいでした。
私が走っていた頃より皆さんしっかり練習しているのか、
足取りがしっかりしています。
当時の私はこの辺りからヘロヘロだったなぁと懐かしく思い出していました。
タイガースのレプリカを着ている人も結構いました。
ランニングウエアではないから暑いだろうなとちょっと気にしたりなんかして。

なんか楽しく、一生懸命に走っている人たちを見て、
「あぁ、私ももう一回走りたいな」と感じました。

右膝を壊し、歌三線と仕事とランと時間配分が難しく、
ジムへ足が遠のいていたのですが、
本店勤務をきっかけにまた最近ジム通いを再開しました。
少しずつ体力を鍛えて、もし走れるのなら走りたい、
そう思った1日でした。


そうそう、西天満の元沖縄居酒屋の店主は、無事完走されたそうです。
どうぞ膝のケアを忘れずにされてくださいね。
おめでとうございます。
[PR]
by murikupana | 2012-11-27 23:17 | 日々のあれこれ

仮名手本忠臣蔵

行ってきました。
文楽 「仮名手本忠臣蔵」 通し上演。しかも昼夜通しての鑑賞。
会場に入ったのが9時40分、出たのが21時10分。
丸々12時間文楽劇場にいたことになります。
これってマラソン状態、しかもサロマ湖100キロマラソンと同じ拘束時間。

でも、おもしろかった。
ある意味、橋下さんに感謝です。あの騒動がなければ行ってなかったかも。
文楽協会も危機を感じたから通し狂言にこれを選んだのでしょう。
面白い演目をかければ人も集まる。ほぼ満席でした。

中村吉右衛門の贔屓で20年あまり歌舞伎を見続けて、
でも文楽は3回目です。義太夫物は面白いとつくづく納得しました。
語りの面白さ、太棹の三味線の響き。
太夫さんのほぼ真横の席で言葉が降ってくる感じ。
体にびんびん響きます。
人形も色っぽいと思ったけれど、私は義太夫のほうが好きなのかも。

歌舞伎を見続けたおかげで筋がわかるので、
まったくの初心者の戸惑いはなかったですが、
「この太夫さんは誰?」
「あ、声が好き」
「口舌がいいやん」とちょっとミーハー状態。
贔屓の太夫さんができそうな予感です。
もちろんしっかり3回ほど泣かせてもらいました。
いかん、いかん。私の悪い癖。
今よそ見をしている余裕はないでしょう?ハマったらあかんよ。

帰宅して夕刊に橋下さんのコメントが。
協会が努力して鑑賞者を10万人にしたら補助金を出すそうです。
なんだかなぁ…。
文化とか芸能って一度壊したら復元するのにどれだけの時間がかかるか…。
道頓堀をプールにする予算があるのなら、協会への補助金って安いと思うけどなぁ。
[PR]
by murikupana | 2012-11-13 00:02 | 日々のあれこれ



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧