むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ご馳走様

休日の今日、トリートメントとカットをしに、美容院へ。
もう終わるって頃に携帯がリロ~ンと鳴って一通のメール。
後輩が話したいなぁってことだったので、会社近くのコリアンキッチンで待ち合わせ。
高架下の小さいお店だけれど知人が美味しいといっていたので躊躇なくここに決めた。

数あるメニューの中からあれこれ選び、それが何一つはずれなくて嬉しい。
本日のメニュー
  豚足
  ちぢみ
  マグロとアボガドのサラダ
  オリジナルチャプチェ

ここの豚足は気にいった。茹でて骨をはずしてくれているので、お箸で食べられる。
塩と唐辛子入り酢味噌はお好みで。ちぢみも美味しかったし、また来よう。
奥のテーブルは8人は座れるな。
何より安かったよ。
二人でお酒飲んで4800円なり。

コリアンキッチン「ちんぐ庵」
福島区福島6-1-26 OK一番街内
06-6458-5226
水曜日定休
[PR]
by murikupana | 2006-08-29 23:39 | さきぬまー

34年の月日

昨夜、懐かしいメンバーが集まり、友人の思い出話に花が咲いた。
ちょうど一年前、友人は看取る人もいない状況で彼岸へ旅立った。
享年55才。

c0023461_13152872.jpg大阪芸大の共に7期生。
インテリアとグラフィックと
専攻が違っても、
たかが140名ほどの学生数で
親しくなるのに時間はかからなかった。
授業も、アルバイトも、恋も、
なんでも一生懸命の時代、
今と違って本当に熱かった。
c0023461_13182682.jpg
当時の石川はまだ綺麗で泳ぐことが出来た。
多分20歳の頃と思う。
授業終了後、石川の河川敷を歩いて、
貴志駅に帰った時の写真。
髪型も、ファッションも、そして笑顔も、
とびきりだ。
見ているだけで甘酸っぱいものがこみ上げてくるなぁ。
カラー写真もとても貴重で、たぶん写真家の友人が写してくれたんだと思う。
デジカメでバシャバシャ写し、削除する時代がくるなんて・・・ねぇ。
c0023461_13371978.jpg
たぶん向うでもあの白髪混じりの髭を弄りながら、
「何で俺こっちへ来ちゃったのか・・・・。
判らないんだよね」と言っているだろう。
少し広島なまりのあのがらがら声が、聞こえてくるようだ。
生前行きつけの店で彼が残したボトルキープの焼酎、
半年以上もたって、お店の人が持ってこられたそうだ。
それを会場で頂きながら、
「もう少し生きていような。こうして偲んでやれないからな」
男の子が誰ともなく言った。

生きているだけでいいんだ。
自分の身の丈で、もう少しだけ踏ん張ってみよう。
[PR]
by murikupana | 2006-08-29 14:05 | 日々のあれこれ

ジムの一日

とりあえず8キロ走ってきた。
いや、5キロほど走って後はウォーキングが正解。
思いきり日焼け止めクリームをぬって出て行ったので、そう焼けていない(ように思う)
うちのジムは南海電車の高架下にあり、
日曜日は仲間と大和川の堤防を野鳥公園を目指して走る。
昔は平気で野鳥公園までの20キロを走ったけれど、今はほとんどない。

最長老が76歳の高齢化チームにはこんなカンカン照りの日はウォーキングが似合う。
「とりあえずどんつきまで行って、後は歩きやな」
最長老は昨年からウォーキングに変更。渾名は本名をもじって亀さん。

いつか私も走れなくなるだろう。
それまで押したり突いたりしながら、やっていこう。
大和川の堤防を走り始めて19年になった。
「亀さんにあやかりたいね。」最近の私たちの口癖だ。

大和川からジムに帰り、
筋トレ、食事、ジャグジー、サウナとメニューをこなしてロビーに出てくると黒山の人だかり。
苫小牧と早実の試合が15回を迎えていた。
どちらも勝たせてあげたい。
TV観戦していたおば様たちの黄色い声援がそういっている。
結局、明日の再試合に持ち越し、ジムを出たのが4時40分。
本日のジム滞在時間、6時間40分。
[PR]
by murikupana | 2006-08-20 18:38 | 日々のあれこれ

最終日

今日は夏休み最後の一日。
10時からジムへ行き、ランニング仲間と汗を流してこよう。
約9日間の休み。何をするわけでもなかったけれど、あまりだらだらしなかったなぁ。
墓参り、甲子園球場での応援、三線の稽古、押入れの棚修理
(実は絵画を置いていた最上段の片側がバキッと外れてしまった。
子供時分から大工仕事が好きだったので、コーナンで木材を購入。難なく修理) と
なぜか毎日することが一杯あって、それなりに充実していた。

平均的な私の年代ならもっと違う形の夏休みだったのかもしれないけれど、
私はこれで十分。明日からまた、仕事。でも頑張れる。
ごく普通に享受していたこの連続休暇、
「姐さんの会社は大企業やから、あるんですよ」と言われ、妙に納得。
友達はもう働いている人もいるからねぇ。
さぁ、どっこいしょと腰を上げようか。
[PR]
by murikupana | 2006-08-20 09:07 | 日々のあれこれ

ちくちく

休日の昼間は気になっていることをしたい、しかも固めて。
普段は細切れの時間しかないから、なかなか出来ないんだけれど。
で、これ。c0023461_13553824.jpg
私は手拭いが好き。
早く使いたいから端を縫わないまま使い、
糸がほつれて悲惨なことになる。
我慢の限界にきて、まとめて端を縫ってゆく。
勿論ミシンもあるけど、しかもたくさん縫うと早いんだけど、
けっこういただき物も多いので、手縫い。
くださった人のことを思って、無心にちくちく。

「そうそうこれは、コンクールの時のお土産だよね」
「姐さんには絶対この色と思ってって言ってたよね」
「京都の友人が酔った勢いでやるよってくれたんだ」
「これは落語家の楽屋土産」
c0023461_1415482.jpg
一時間もすると出来上がり。
今回八枚。心おきなく洗えるね。
[PR]
by murikupana | 2006-08-18 14:19 | 日々のあれこれ

真昼間 その2

難曲だからきらいという人もいるだろうけれど、私は好きな唄の一つ。
八重山の歌には数少ない恋の歌。
恋しい人に会わせて下さい、と真夜中に神に願をかける。
女の情念がこもった歌で、だから切なく、歌えたらいいなぁと思っていた。

歌にはサッと覚えられて形になりやすい歌と、とても形になりにくい歌がある。
新人賞、優秀賞は、覚えやすい歌、形になりやすい歌、
そして、最高賞のこの曲は歌として形になりにくい歌。
だから最高賞の課題曲なんだろうけれど。

真昼間の前半をしつこく繰り返して稽古。
PCから流れてくる先生の声に合わせて一緒に歌ってMDで録音。
それを聴くと先生の声の高さと自分の声が微妙にずれている部分を発見できる。
私の場合、
「ヤンサスヌマフェリ」の「サ」から「ス」にかけての部分。
とくに「サ」の声の高さが先生とほんと微妙にずれているような気がしてならない。
しつこく繰り返して、休憩後、「ヤ」の下老の高さも違うと気付く。
チューニングメーターで自分の声の高さを確認、やはり低い・・。
もう一度、三線の音も確認しながら、ゆっくりと進める。
子供は聴いたまま歌えるらしいが、この年になるとそうもいかない。
とにかく前半をある程度形にしたくて頑張ったけれど、そろそろ佐々忠へ行く時間。
準備のために三線を置く。

まだましだ。前半部分は先生と声を合わせられるから。後半は高くて喉が付いてゆかない。
前半だけなら二の二揚でも何とかなるけれど。

つくづく男性はいいなぁと思う。キーが同じだものね。
[PR]
by murikupana | 2006-08-17 17:11 | お稽古

夏休み

土曜日は親しい友人が結婚するのでぜひご一緒にと、食事会にお呼ばれ。
日曜日は甲子園へ。八重山商工の試合を気持ちよく観戦できた。
突然のスコールにもめげず、応援。お陰で服はズクズクになったけれど二回戦突破。
月曜日は人間ドックへ。バリウムが辛いよ~。
火曜日は母のヘルパーさんの手続き更新の件で市役所へ。
水曜日は再び、甲子園へ、智弁和歌山と。
木曜日は中級クラス。
後の残り時間で稽古・・・と思っているが、八重山商工が勝てば、どうなるんだろう。
でも、あっという間に休暇は終わるんだろうなぁ。
[PR]
by murikupana | 2006-08-14 17:42 | 日々のあれこれ

八重山商工

勝ったぁ~~~!
職場の同僚が帰宅途中に甲子園で下車、メールでリアルタイムで情報をくれた。
私も帰宅後、食事をする前にビール片手にTVの前を独占。
ヒヤリとしたけど、のびのびとプレーする彼らに緊張するという言葉はないみたい。
嬉しいね、次は日曜日。是非二回戦突破を。
[PR]
by murikupana | 2006-08-08 21:10 | 日々のあれこれ

墓参り

我が家の三代前は浄土宗の寺。
大阪大空襲で寺は焼け、継ぐべき男も戦争で死に、残った女は寺を出た。
だから今、私は普通のサラリーマンをしている。

夏のこの時期、一大イベントは墓参り。母のはりきる季節である。
我が家の墓を含めて守している墓は3つ。花もお供えも総て3つセットする。
何年か前までは電車で移動していたが、
80代の母を連れて荷物抱えて片道一時間はきつい。
だから妹夫婦を巻き込んで、車で連れて行ってもらう。
タイプの違う墓石を三つ、洗って、花を生けて、お菓子やビールを備えて、手を合わせる。
たったこれだけのことなのに、今年の夏も母と一緒に来られて良かったと思う。
祖母を始め、先祖に守られて今の私がいる。
母もいつか体の自由が利かない日が来るだろう。
とりあえずその日まで、頑張ってみようね。


お参りの後のお昼は、お寿司。寿司ネタで義弟と熱燗をいただく。
コタツでアイスクリーム、クーラーギンギンの熱燗。美味しかった。
帰宅後、この夏初めてのお昼寝、極楽極楽。
[PR]
by murikupana | 2006-08-06 21:13 | 日々のあれこれ

群か星ゆんた

ツンダラーズのCDから、
勢いで耳コピーして工工四を起こした。

昨夜は8月、1回だけのゆんた会。
少数でも継続して参加してくれる人がいるので、
最初はどうなるかと思った「まにむりぃゆんた」も何とか形になってきた。

さて、9月からはクラス編成替えで、
クラブ内サークルのゆんた会は開催日の変更となりそう。
社会人ばかりなので、曜日が変わると来れない人も出てくる。
だけど、せっかく馴染んだこの何名かのメンバーに
継続して出てきてほしくて「新曲する?」と振ってみる。

「「かどぅかれーゆんた」と「群か星ゆんた」とどっち歌いたい?」
「んん??」
「聴いてみようか?」
結果、「平行してやりましょうよ。楽しそうやし。」となってしまった。
意欲的なんは嬉しいけれど、採譜しなきゃ・・・ね。
で、休日の今日、頑張って工工四製作完了。
ちょうど先生のブログにも、群か星ゆんたのことが書かれてあった。
偶然やけど、星を見上げることの多い季節やし、ちょうどいい課題曲かもしれない。
[PR]
by murikupana | 2006-08-03 15:43 | お稽古



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧