むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なくしたもの

歌ではない。
3日ほど前から定期入れが見つからない。
社員IDカードも入っているし、何よりあと5ヶ月ほど定期あるやん。
やばいなぁとおもいつつ、念入りにバッグの中、着用した服のポケット。
部屋の中、しかもまぎれさせそうな場所。
延々と探したが無い!

東梅田、難波駅、果ては阪急のお忘れ物センターまで電話する。
無い!

社員IDカードが無ければ出退勤のチェックが出来ないので真っ先に紛失の手続きをする。
新規に作成するのに2000円!ボッタクリヤ、ウチ、トイウカハンキュウ。

でもなぁ、定期無かったらいくらかかるん…と思いながら未練でらくやんカードを購入、
その足で曽根崎署に紛失届けを出す。

あきらめきれない。

けど、無いものはない。

決して酔っていたわけではない。しらふで会社帰り。
記憶をたどっても落としたとしたら駅から家の間。
解約したら結構な金額になるから出てこないかなぁ・・・。

さて本日、帰宅して明日の洗濯物の準備をしていて
籠をひっくり返したら、ポロ!
出たぁ~!!!
見慣れた水色の定期入れ。嬉しかったさぁ~。
お札に羽が生えなくて良かった。明日、曽根崎署に「出てきました」って電話しなきゃ。

ホッ!
[PR]
by murikupana | 2009-07-30 00:33 | 日々のあれこれ

久しぶり

海空フェスタの20日、実は体調が優れず、ぐずぐず。
今シーズン初めての小千谷縮を着たくて準備していたんだけど、どうするか…。
だらだらしているとメール着信。
「ライブは行かないけど、自宅にいるよ。」
じゃ、まいりましょう。返信して、着物を着てJRに乗る。
最初ちょっとしんどかったけど、徐々に背筋が伸びる。
これも着物着慣れているからかな。

京都駅で待ち合わせ。お茶しても先生の出番にはものすごく時間があるので、
「自宅に来ない?」という提案をありがたく受け、その後は彼女の自宅でおしゃべり。
CDを聞いて、ゆんたくして、ベランダ栽培しているにがなを摘み取って手料理。
体調が悪いのを気にして黒米入りのおかゆを作ってくれた。
とっても美味しかった。二杯もお変わりして何処が体調悪いのん、自分?と突っ込む。

先生に「出番何時ですか?」などと失礼なメールをして、
間に合うように(だって距離感が無いから)さようならをする。

思いがけず長くゆんたくできてまったり過ごせた一日だった。
ありがたきかな、旧友。
借用したDVD、CDともお宝物で、じっくり楽しんだ。
映っている友人の笑顔も最高。

しんどいことが続いている毎日だけど、たまのこんな一日が私には何よりもお薬になる。

ありがとう。
[PR]
by murikupana | 2009-07-28 23:26 | 日々のあれこれ

京都・沖縄あしびなぁ 海空フェスタ2009

7月20日、海の日。京都も熱かった。
友人いわく「今日はましね」だそうだ。

海空フェスタに行くまでの道中はいずれまた。
友達っていいなぁと感じた一日。

さて、先生の出番は一番ラスト。会場に着いたのは5時30分くらいかな。
とりあえず楽屋でご挨拶して、会場に。会場はパラパラの人だった。
これだけ長丁場の一日だから仕方が無いね。
そういう私も出番直前しか行かないし(笑)

さて、お約束の演目一覧。

高那節
でんさー節
でぃらぶでぃ
与那国ぬ猫小
安里屋ゆんた
島自慢
黒島口説
生活の柄
とぅばらーま

アンコールで
豊年音頭と唐船どーい

ちょっと時間がかかったのは調べ物をしたから。
今回は箸袋ではなくパンフの裏だが、3曲目のイントロでペンがちょっと止まる。

『あれ?これ?ん・・ん、でぃらぶでぃ』
タイトルに自信が無く『でも、確か魚が360匹のはず』

曲が進んで「三百六十尾ぬ魚ばゆ」で
『あ、曲は合ってる。』

帰り道、三線仲間と「でぃらぶでぃやと思うんだけど…。」
「はじめて聞きました」
「あぁ、そうか。まだはじめて間なしやね」

帰宅してずっと時間が無く、今朝やっとCDで確認。
無事合っていた。先生の音源が確かあるはずなんだけど、
どっかに埋もれてしまっている。残念。





そして朝から、辛いいやりが届く。
ん・・ん、何とかならなかったのか。
[PR]
by murikupana | 2009-07-27 10:04 | お稽古

鳩間中岡

さて、一昨日から何回のぼったろうか・・・。
今朝は朝から、登りっぱなし(笑)
[PR]
by murikupana | 2009-07-15 13:08 | お稽古

不覚にも

泣きそうになった。
環状線のホーム。
続々と合格メールが入り、最後は団長との電話。

みんな良く頑張ったんだなぁとおもう。
もちろん、悔し涙を流したメンバーもいたけど、
それでも、舞台直後に、歌いきったというメールをもらっていたんで、
それほど心配はしていない。
合格には届かなかった、この経験を来年につなげたらいいんだから。
(アナタニハコノカンカクハワカラナイトイウタイセツナユウジンモイルガ・・・)
(ソシテ、ソウカモシレナイトオモウジブンモイル)

さて、私は、何を目標に進めばいいのか。
とりあえず、喉を直そう。それからじっくりと。

私の夏は終わった。ここ何年かの夏の終わりはコンクール。
[PR]
by murikupana | 2009-07-05 22:32 | お稽古

速報

朝から仕事の隙間をぬって、アドレスを知っている仲間に応援メールを送った。
事務所を出たとこで、
ストック場の影で、
トイレの行き帰り、
両替機の隣で。

同僚が見たら変と思うかな。
でも、大阪にいる私にはこれくらいしかして上げられない。
後は、応援団に任せて。

夜には悲喜こもごものメールが届く。
お稽古以上の結果は出せないから、納得がいかないかもしれないけれど、
それが現実なんだね。

今日はいよいよ、最高賞の舞台。
みんな美味しいお酒が飲めますように。
野田で朗報を待っている。

さぁ、今日も仕事。喉痛いなぁ、やっちゃったかも。
[PR]
by murikupana | 2009-07-05 07:52 | お稽古

結婚おめでとう!

書くときは書く・・・と勢いがついちゃって。

ずっと一緒に歌三線をやってきた若いお仲間が明日結婚式だ。
「あれ…いつだったっけ?」と気になってメールしたら、明日だって。
あわてて電報を打つ。

今回は六調から言葉を拝借。
中でも「八重の潮路に真帆引き上て 千里走るよ宝船」が気に入っている。
白雲に点々と船が見える、そんな情景が目に浮かぶ、良い歌詞だ。

おめでとうの気持ちよ、宮崎まで飛んでいけ~!
[PR]
by murikupana | 2009-07-03 22:58 | 日々のあれこれ

朗報

「大きなミスなく、歌いきりました。
Bさん、Kさんのクラスの皆も良かったです」と
M本さんからメールが届く。
私が始めて受験したのは、51歳のとき。
それより少し経っての受験だからひとしきり、気になっていた。

とてもいい味の歌を歌う方で、
「もう少し若ければ、この高さの音が出るのに・・・。」なんて悩みは
「味がある」歌には敵わないんだと思わせる。
今日の段階では一安心。
後は、明日、明後日。

さて、私ももう少し稽古しよう。
とりあえず、牛かな…。
[PR]
by murikupana | 2009-07-03 19:05 | お稽古

ドキドキ

何で今日が休みだったんだろう。
気がまぎれることが無くて、ドキドキするではないか。
もう、何人まで終わったんだろう。
もうすぐMなりさんや、K山さんだ。
K谷さんM本さんは五時頃…と。

あぁ、落ち着かない。
[PR]
by murikupana | 2009-07-03 13:26 | お稽古

いよいよ民謡コンクール

明日にはもう沖縄に向けて出発するメンバーがいる。
金曜日から琉球民謡協会のコンクールが始まるからだ。
私もチムドンドンしながら飛行機に乗ったんだと思い出すと懐かしい。

新人賞は怖いもの無くて、
優秀賞はものすごい風邪をひいていて奇跡の喉と思った。
最高賞は受験のストレスがやはり喉にきてキーを下げて歌った。
才能があっての受験ではない。
稽古した時間を信じて、並みの力での受験。好きだから出来たこと。
それと自分に課すものが無いと怠ける性格を自分で良くわかっている。

さて、後輩にけしかけても、我は…。
ぼちぼち始動しなきゃね。

とにもかくにも、あの舞台で歌わせていただけることに感謝して、頑張ってきてほしい。
今まで指導してくださった先輩や先生に、
そしてあの舞台を裏で支える協会の教師や師範の皆様に。
たかが、コンクール、されど、コンクール。
吉報を待っています。
[PR]
by murikupana | 2009-07-02 00:11 | お稽古



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧