むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第10回芸能祭 9月24日

いよいよ芸能祭 当日。

昨夜飲んだ勢いで無理やり朝食を誘った5人で大集合。
ここなら朝からちゃんとお米を食べれるし、おかずも選べて、
なにしろお腹一杯いただいて500円なんです。
なんというコスパ。
お腹ごなしも兼ねて歩いて那覇市民会館まで。

何回も参加してると勝手もわかってまごつかなくなります。
事務局長の兼城先生から協会のブルーシートをお借りして
椅子を出してうた会の控え場所の出来上がり。
三々五々、メンバーが集まって思い思いに過ごします。
緊張している人、楽しんでいる人、ウォークマンを聞きながら集中している人、
私…? 配布されたお弁当が入っていた段ボールでエアー太鼓をしていました。

幕開斉唱の人数が年々増えている印象があり、舞台ぎっしりです。
私は幕開斉唱よりも次の新人・優秀合格者の演奏で
太鼓を打つことになっていたので気持ちはそちらに行ってました。
太鼓は自分で言うのもなんですが、割とうまくいったと思います。
K太さん、Sのちんも「良かったよ」と言ってくれたので、
とりあえず合格点はもらえたのかなと。
後で友人が送ってくれた映像では
目が踊り手の足を見たり太鼓の面を見たりきょろきょろしていたので
それは良くないな。それと姿勢をもう少しピシッとしようね、ちょっと前かがみ。

後の出番は八重山会員の千鳥節・夜雨節と器楽合奏なんだけど、
この間衣裳を着替えるのに15分しかなくって、本当に慌ただしかった。
しばらくぶりに踊りの先生に着付けて貰ったのだけどなんと綺麗に着れることか。
でも…苦しいよ。帯は自分で結び直しました。
千鳥・夜雨は私の三線の構え方が他の人より高くて不自然。まだまだやなぁ。
三線の手は最後まで焦ったけど、それは大丈夫でした。

器楽合奏は…楽しかったの一言。今回一番楽しんだかもしれない。
音がトン!と決まるとむちゃ気持ちがいい。
来年はそんなこと言ってられないだろうけど課題も見つかったし
頑張ってみましょう。

舞台は押し気味に進行。
いよいよQちゃんの独唱、とぅばらーま。ドキドキしながら舞台袖で聴く。
いいよ~、高音が伸びているし、張りのある声です。
絶対に上がらないと言ってたQちゃんだけど、ちょっとは上がったみたい。
終了後花束を渡して皆で記念撮影。お疲れ様でした。


後に残すは打ち上げのみ。
おもろまちにあるカラオケ店。
皆若いねぇ~。はじけて、はじけて時間延長して気がつけば深夜。
また明日も眠たいよぉ~。
[PR]
by murikupana | 2011-10-25 00:10 | お稽古

第10回芸能祭 9月23日

朝、金壷食堂に行こうと歩き出すとさがり花が咲いていました。
今までなんで気付かなかったんだろう。
今夜頑張って写真を撮りましょう。

金壷のお母さんとお兄さんに朝から元気をもらって、花屋さんへGO!
 
本人には内緒ですが
芸能祭で独唱を務めるメンバーに皆から花束を渡そうと計画しました。
その花束のチェックにフラワーショップハートクラフトへ行きました。
那覇市民会館を寄宮交差点の方へ歩き、セントラル病院の前、赤いテントが目印です。

すごく優しい店主にアレンジしてもらい、可愛くまとめました。
なつっこい二匹の猫と少し遊んで、もう時間。三人と待ち合わせの首里駅へ。


今日のリハは1時から、西原町の社会福祉センターです。
会場に着くとなんか、帰ってきたって感じです。
この10年の間、何回ここへ通ったのでしょうね。

リハは順調に遅れながら(笑)進んでいきました。

私はここで大失敗、進行の先生の指示を勘違い、
舞台袖に着いたときは鷲ぬ鳥はもう始まっていました。
H澤さんが私の代わりに太鼓を叩いていました。
途中で変わりましたが、なんか力が抜けたのか思ったよりうまくできました。
太鼓を実際に打ったのは直近の何週間、
それまではエアー太鼓だったので一番気がかりでした。
終わってから「もう~~!!」って叱られましたよ。

器楽奏の太鼓も一手も間違えず、上等!って自分で言うか?
でも大きな振りで打つのと小さく打つのと使い分けんとね…と学びました。
太鼓の手の奇麗なIさん、お母さんが太鼓教師でさすがです。

で、ず~~っと時間が過ぎてこの日の夜は栄町の「ん」で集合。
ここの付き出しはフランス料理のようにオシャレです。
うた会のH澤さん、遅くに着いたKちゃんも一緒に
時間が過ぎるのを忘れて…じゃなく、明日本番に備えてそこそこの時間で帰りました。


もちろん宿についてさがり花をパチリ!
匂いは薄かったけど、とっても綺麗でした。
[PR]
by murikupana | 2011-10-08 00:32 | お稽古

おさらい会

同門の宝塚支部のおさらい会が終了しました。
詳しくはここに書かれています。

わざわざ来てくださった皆様、ありがとうございました。

関西にある4支部が集まり、歌える喜びをかみ締めています。
昨年の12月にはこんな日が来るなんて思いもせず…。

郷友会のお顔見知りの方が「ゆんたが聴けるなんて…。嬉しい!」と言ってくださいました。
別の方もメールで、「友達が興奮気味に話していたよ、ゆんたのこと」と。

出来からいえばまだまだですが、私たちの強みは「ゆんた」が好きなこと。
好きならこれからも勉強できますもの。覚えたい曲がいっぱい。


個人的には5年前の「咲くやこの花館」の発表会を思い出していました。
あの時は意味もわからずに言われるままステージに上がっていた人が
今や大阪の中核です。
手作りでこつこつやってきたことが実を結ぶんやなぁと実感しました。


これからも一緒に切磋琢磨してゆきましょう。
とりあえずは11月目指して、お稽古、お稽古。
[PR]
by murikupana | 2011-10-07 12:56 | お稽古



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧