むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

父の50回忌法要

11月23日、父の50回忌法要がありました。

私は既に父の生きた時間を超えています。
50回忌をできることはおめでたい事だから、熨斗も紅白、お供えのお餅も紅白。
心得として知っているけれど(百貨店勤務だから)実際に見ると
「あぁ~、そうだね」って妙に納得しました。

父の係累は少なくなっているし、お付き合いしている人は一人で、しかも高齢。
(両親が離婚しているのに、位牌が家にあるのは幼い時は不思議でした。
家族に縁が薄い人だったのかしらねぇ。)
80歳と85歳を連れて奈良の菩提寺、霊厳院までタクシーで往復しましたよ。

ちょうどお寺ではお十夜の儀式が執り行われ、それにも参列。
その後に、法要という段取りでした。
参列している人は信心深い人が多く、同じ時期に五重を受けた方が何人もおられました。
若い人(といっても40代かなぁ)がちらほらいたのでちょっと安心。
その後、軽くお精進のお食事をいただきます。
あずき粥、ふろふき蕪、煮物、お浸し二種でお腹がいっぱいになりました。
こちらのお精進は美味しいんですよ。

いよいよ父の法要が始まりおっさんのあげる読経は
知っているものと知らないものの半分づつ。
50年ってちょっと特殊なものもあるのかもしれません。
お腹もいっぱいで、おっさんの読経の響きも心地よく、ちょっと落ちそうになりました。

いろいろ考えるところはあるけれど、健康で、仕事もあって、
日々送るだけの収入が確保できていて、何より好きな三線もできる。
そして私のことを気にかけてくれる友人が一杯いる…。
多分父と真逆かもしれない人生だから、今あることに感謝する一日でした。

父はもっと長く生きたかったのか、それとも晩年は不遇だったらしいから
もういいやって思ったのか、どちらなんでしょうねぇ。
[PR]
by murikupana | 2011-11-26 10:50 | 日々のあれこれ

11月9日のお稽古

完全燃焼!!


たぶん皆そうなんでしょう。

生り島コンサートに出演していない二人が来られて。
珍しく支部長も参加で5人だけでした。

苦手な早調子や、普段稽古しない曲も交えて、ゆるゆると。

赤馬~しゅうら~鶴亀~矼ゆば~真栄里~まんのーま
宮良川~しゅんさみ~稲しり
胡蝶~殿様~月ぬまぴろーま

脈絡はないけれど、楽しかったです。

たまにはこんな日も良いですね。
[PR]
by murikupana | 2011-11-10 07:49 | お稽古

生り島コンサート 11月5日

いよいよ帰阪当日。
夕方の便にしていたので小浜島へ。
うた会のH澤さんとご一緒する。
Tじさんも誘ったのだけど、彼女は波照間へ。
港で会った岡山組は竹富へ。豊中組&Sのちんも竹富。
なんかバラバラ~~っと島へ。
そう、せっかくここまで来たんだものね。
いつも関空ー那覇のお稽古旅だから。


レンタカーを借りて島内一周。
途中で「運転する?」と聞かれたけれど、丁寧にお断りしました(笑)

なぜ、小浜…か?
そう…大岳で小浜節が歌いたい…でした。
二人で交互にアカペラで歌いましたよ。

c0023461_14434157.jpg


楽しい時間は何時も早く過ぎる。
ランチでスバいただいて、もう帰る時間です。
H澤さんは石垣祭りへ、私は大阪へ。
港で東京組とK太さんとばったり。

名残は尽きないけど、日常が待っています。


楽しい、そして有意義な、とても勉強になった旅でした。
先生の弟子で良かったと強く思いました。
そして全国の三線兄弟と出会えたことは宝物です。
これからも出会えた縁を大切に過ごしたいと思います。

心からありがとう。
[PR]
by murikupana | 2011-11-09 14:50 | お稽古

生り島コンサート 11月4日

いよいよ今日は楽しみに待った歌碑巡りです。

私たちの中には強烈な晴男と晴女が大勢いるみたい。
降水確率70%…はどこへ行った?
ピーカンのお天気です。

ホテルククルとシティジャックとバスセンターは歩いて二分の至近距離。
全く知らずにホテル予約したのになんて効率のいい事。

大阪からわざわざ来てくれた友人のA野さんも
「一人で歌碑巡りをしてもよくわからない場所が多いから…」と楽しみにしています。

さて、コースは東回りマクラム道路を北上しました。
とぅばらーまの碑、宮良川節、赤馬節、真謝井節、桃里節、舟越節、つぃんだら節
、山原ゆんた、網張ぬ目高蟹ゆんた…と進んでいき、先生のご実家にも立ち寄りました。
c0023461_9521047.jpg



先生のご実家では仏間でc0023461_1475934.jpg
お母様と亡くなられて父上に
私たちが学んだゆんたを捧げました。
お土産に妹さんが織られたみんさー織の
コースターをいただきました。
おもてなしの心に感謝いっぱいです。





歌碑巡りが終わり、打ち上げまで少し時間があるので
予定通りMママのご仏前にお参りに行きました。
仕事の時間を少しずらしてパパが待っていてくれました。
写真のママは私が知っている時よりずっと肥っていて
「あぁ、辛い事はお酒に逃げていたのかなぁ」と。
私が闘病中のママに送った手紙も備えてありました。
元気でいてくれたら今日会えたのにと思うととても切なく。
今でも「ちかぁ~、がんじゅ~~」と電話の声が蘇ります。

どうかパパ、元気でいてくださいね。
またきっと会えますから。





いよいよサンの会の打ち上げがホテル日航八重山で始まりました。
弾ける、弾ける!!!
賑やかなことの好きな大阪勢、
山入らば隊、くいちゃー踊り隊が結成されましたが
あいにくの稽古不足。
踊りの素養がないのを露呈しながら、ま、
飲み会でのご愛嬌としていただきましょう。
c0023461_14311521.jpg


さいごはメンガテーでおでんとスバ。美味しかったです。

こうして長~~い石垣の一日は終わりました。
いやぁ~、楽しかった!
[PR]
by murikupana | 2011-11-09 09:54 | お稽古

生り島コンサート 11月3日

いよいよ当日の朝。
大阪からの疲れが溜まっているのか眠い。

今朝の朝食。ホテル一階にある「ゆらてぃく」
新良幸人さんのお母さんがやっているお店と聞いた。
東京からのIさん、豊中のKさんも同じ宿なので
ご一緒する。

c0023461_22235175.jpg



会場に着いたら通しのリハが早速始まる。
幕開斉唱、私たちも昨日のリハで慣れてきたので
踊りの方たちとも上手く合わせられてほっとする。

c0023461_11475520.jpg


そして先生の歌をやっている間に着替える。
残りはゆんただけど、それまでに着替えておかなければ
間に合わないかも。そう、黒留袖を着るのです。
記念撮影もあるし、大変。

懐かしい人にも出会えました。
白保で歯科をされているUっちー先生、故郷石垣に帰られたMパパ。
私がまだ右も左もわからない頃に親切に遊んでくださった方々。
こんな形でお会いできるとは心から嬉しかったです。
次回お目にかかれるのは何時になるかわかりませんが
どうぞお元気にされていてくださいね。

c0023461_12195887.jpg



ゆんたは先生のうねぬやーの一節が出たとたんに凄さで参りました。
ゾクッときました。先生に歌を学んで良かったと…。
言葉じゃなく、感覚なんですが。

途中で直彦さんが出てきて、そして先生のお母さんが呼び出されてステージへ。
私の母と同い年です。きっとあの瞬間、お幸せだったろうなと想像します。
後ろに先生も苗子さんも居られるのですから。
もっと母に優しくしてあげようと思いました。
ごめん、母さん。



最後の弥勒~やらようがすんで、私の生り島は終わりました。

下手でも努力すれば、と頑張った早調子のくいぬぱなはやはり途中で手が飛びました。
でもそれを補うほどの歌の凄さと
故郷の唄に対する誇りのような気概をあちこちで感じました。
これ位でめげているのじゃなくもっと頑張ろうと、
真摯に歌に向き合おうと改めて思いました。


打ち上げはシティジャックというお店で。c0023461_20551774.jpg
おまけの一枚。
先生と直彦さんと、金城さんです。
[PR]
by murikupana | 2011-11-07 22:25 | お稽古

生り島コンサート 11月2日

関空9時10発、石垣到着13時45分。
途中那覇空港で乗り継ぎに一時間ほどあったので
空港郵便局で年賀状を買い、空港食堂でからし菜炒め定食をいただきました。
大阪を出るときは秋、着いた途端に夏や~~~ 暑い!!!

石垣空港で〇めちゃん、〇なちゃんはじめ各地の仲間と一緒になりました。
c0023461_20485283.jpg

私のお宿はホテルククル。
ここ大正解でしたよ。
明るくてきれいでベッドは
ダブルのシングルユース。
それでいてリーズナブル。
何より繁華街に近いので
遅くなってもすぐ帰れる。
元の大原ホテルです。






同じ宿の〇じちゃんと一緒に市民会館へ。

着々と準備が進み、5時からのリハの合間にも楽屋で手合わせ。
クーラーが入っていなくて30度近い気温に汗びっしょり。
一気に体感が夏になってぐったりでした。
c0023461_2111034.jpg



9時過ぎにリハは終了し、
〇じちゃんと別れてゆうこママの「かぁらやー」へ。
Mママが最後まで通ってたお店と京都の友人に教えて貰った。
今回の旅は先生のリサイタルに弟子として参加するためだけど、
私にはもう一つの目的があった。
それは大阪でよくしてもらった人にお線香を上げるため。
今年の5月に亡くなってしまった。   c0023461_21275715.jpg

今でも電話の声を思い出す。
「ちかぁ~、がんじゅ~?」と…。

ミジュヌをアテにビールを頂いて
やっと人心地。
明日に備えて早く帰るとしましょう
[PR]
by murikupana | 2011-11-07 21:30 | お稽古

大工哲弘 愛しゃ生り島コンサート

いよいよ明日、出発します。
本当にしばらくぶりの石垣島。
稽古、稽古で本島通いだから仕方がないのだけど、
時間がもう少し取れれば西表に渡ってみたかったな。


c0023461_17593624.jpg
■日 時:2011年 11月3日(文化の日) 
     昼の部:開場13:30 開演 14:00 
     夜の部:開場18:00 開演 18:30
■場 所:石垣市民会館大ホール
■入場料:前売¥2,000円 当日¥2、500
■主 催:大工哲弘コンサート実行委員会
■問 合:090-8291-9869(森田)

■ゲスト出演:きいやま商店
       光扇会・新城知子八重山舞踊
       八重山古典箏曲澄韻会・川平京子研究所
■賛助出演:上原直彦 小林紀子 (司会)


歌の故郷で歌う怖さと嬉しさ、師匠に感謝して努めましょうね。
そして大阪でお世話になったあの人のお墓参りができれば、いいな…。 

今からドキドキしています。子供みたいだけど、今夜眠れるかな?
[PR]
by murikupana | 2011-11-01 18:06 | お稽古



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧