むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あぐり

以前のNHK朝の連ドラで「あぐり」というドラマを放映していたのを知っていますか?
吉行和子さんのお母さんが美容師さんで「安久利さん」と言われます。
高齢に成られてもずっと美容室を続けられ
一人のお客様でも大切にお店を開けておられました。
現在は100歳をこえ、さすがに美容師さんはされていませんがお元気だそうです。

私の行きつけの美容院は南船場にあります。
そのKさんとは28歳頃からのお付き合いなのでもう30年を過ぎます。
ご主人、息子さんともに美容師で一家で切り盛りされている、知る人ぞ知る美容室。

口癖は何時も「あぐりね」と。
お互い年をとって、客が私だけになっても髪は切ってねという暗黙の約束。
その口癖のお客様が大勢おられます。

一か月前Kさんから「復帰してくるから、待ってて!」と告げられたのは乳癌。
「いい先生に巡り合えたから、任せようと思う。
山本さん一カ月過ぎたら、電話してね」と。
愕然となりながら心の中でエールを送って一カ月。
電話するのがためらわれて4・5日過ぎ、思い切って連絡を取ったら
「店に出ているから」とのこと。嬉しくてヒマワリの花束を持っていきました。


黙って花束渡してお互いの目がうるんで。
すっきりとカットしてもらいました。
まだ術後の腕の上がりは100%ではないけれど、抗がん剤治療も順調だそうです。
いろんな方がお見舞いがてらに予約が入り、大忙しの様子でした。

あるお客様が言った言葉
「あぐりするっていったやん、私これからどこへ行ったらいいん?
絶対戻っといで!」
気持ちは同じですが、私じゃありません。
「大勢のお客さまに支えられて、私どうしてお返ししたらいいんやろ」と言っていました。
お返しは一つ。何時までも元気で、私たちの髪を切ってくれること。ただそれだけ。

Kさん、おめでとう。嬉しかったなぁ。
[PR]
by murikupana | 2013-05-17 09:59 | 日々のあれこれ

うたマール

木曜日は休みなので家事を慌ただしくこなした後、木曜日稽古の時間がやってきます。
だから今までタイミングを逃して、番組を知っていましたが聴くことができませんでした。
昨日はなぜかゆっくりとした一日で時間にはパソコンの前に。

「大工哲弘のうたマール」
FMいしがきサンサンラジオ 木曜日14:00~15:00
今は便利な時代、パソコンでサイマルラジオ経由で聞けます。

なんかラジオから流れる音を聞きながら他のことをするって
ゆったりと時間が流れる休日のようで、好きです。
先生の話を聞きながら奄美民謡を聞いて、さて次、
「お母さんの好きだった籠の鳥をリクエストいただいています。
それをいってみましょう」

先生のアナウンスの後、流れた曲は「鷲ぬ鳥」
思わず笑けました。鳥は鳥でも…(笑)
ディスク担当の人が間違ったんやね。
本当はやっちゃいけない大きな失敗かもしれないけれど、
普段の先生のおやじギャグを知っているからなんか微笑ましくて。
先生のキャラ満開の番組やんと納得。
岐阜の友人からも「わらけた」とメールが入りました。


さてその後は美容院へ行きカット。
この話は後日。

稽古の時間が来て稽古場へ。
京都のMさんが先に稽古されていました。
課題曲の「祖納嵩節」を2人で声を合わせ
細かいところをチェックしていると続々とメンバーが集まりました。
昨日は普段木曜日に来られない方が多く参加され
会場は空調を入れたり切ったり。
熱気を帯びた熱心な稽古になりました。
たまにはこういう雰囲気も良いですね。
うちのクラスは「次、これしたいんですが…」とエントリーしてくれるので
私の準備が出来るし学べます。
私も勉強になりました。ありがとう。
次回の課題曲は難しい…。(笑)
[PR]
by murikupana | 2013-05-17 09:38 | お稽古

Blue Yaima

アマゾンから届きました。
先生の新CDです。

ライナーノーツは中折れのソフト帽をかぶって三線を抱えた端正な先生の写真。
ちょっとかっこいいですね(死語かな?)

早速聞いてみると今までの八重山民謡と違った先生の一面を見た気がします。
なかでも、「悲しくてやりきれない」は私が高校生のころにリアルタイムで聞き、
自分のバンドで演奏していた懐かしい曲です。
三線教室へ行く電車の中で聞いていてじわっと身体が熱くなりました。

今までに永く聞いてきた八重山民謡と、そして初めて聞いた小笠原民謡
ずっと昔に聞いた著名な歌謡曲、そして自分が青春を過ごした時代のフォークソングと
とてもバラエティに富んだ選曲でした。

この一枚、なかなかいいです。
さまざまなジャンルの唄を歌いこなせる先生を改めて尊敬します。
[PR]
by murikupana | 2013-05-10 00:31 | 日々のあれこれ

鷲ぬ鳥節

笛です。

お稽古中です。

きっと息の使い方が悪いのか、吹き口と唇の維持の仕方が悪いのか
なかなかブレスが思うようにいきません。

それでもやっと二番まで吹き切れるようになりました。
でも終わると頭がくらくらします。
多分、過酸素状態(こんな言葉あったっけ?)でしょうね。

お家で吹くときは鏡を見ながら、会社の某所で吹くときはガラスドアに写しながら
チェックしていますが…。

さて、華麗に吹けるようになるのは何時でしょう。
[PR]
by murikupana | 2013-05-05 21:45 | お稽古

わっしょい!

タイガースが好調です。
ということは、売場は半端やなく忙しい。
毎日がわっしょい!わっしょい!状態で、疲れます。

これから球場へ行く方、そして新幹線や飛行機に乗って帰られる方のお土産、
またはお買い物ではなく(?)お喋りに来られる方でものすごく混雑しています。

有難いことなんですが、顔を上げる余裕もなくレジ打ちしていると、
かつて外商時代にかわいがってくださったお客さまも
「いやぁ~、忙しそうだったから、声掛けるのやめたよ」とメールが届きました。

小売業としてはとてもありがたいんです、ありがたいんですが…
しんどいよ~!で、眠いですが、これから出勤します。
今日は藤波らしいから、昨日以上の混雑だろうと想像します。

では、ファイト!
[PR]
by murikupana | 2013-05-05 08:15 | 日々のあれこれ

新CD

大工先生の新CDがもうすぐ発売されます。c0023461_21234686.jpg

すごいなぁと思います。
唄者として第一線で活躍すること、
CDを発売すること、
そんな簡単にできることではないから
「すごい!」って感じます。

タイトルもいいですね。
「『Blue yaima (ブルーヤイマ) 
/ 大工哲弘 」
 プロデュースは久保田麻琴さんです。
八重山の歌から、
関西フォークシーンを彩った曲、
そして演歌まで幅広い内容になっています。
とっても楽しみ。

5月8日発売予定だそうです。
[PR]
by murikupana | 2013-05-03 21:25 | 日々のあれこれ



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧