むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みるく様が来た!

c0023461_1184918.jpg

うちで開催された沖縄物産展に出品していたお店で見つけたのですが、
すでに完売で影も形もありませんでした。

「6月末に那覇へ行きます。その時に予約して作ってもらっていいですか?」
「良いですよ。店はわかりますか?」
「だいたい分かります。金壺食堂の近くですね」
「はいはい。」

ということで探して行きました。
玩具ロードワークス

金壺のお兄さんに
「今日来たの?」
「ううん、今日帰るの。」
「へぇ~残念だね」と言われながらしっかり腹ごしらえして。

すぐ近くなのに、小さな路地を間違ったりして結構迷いましたが
ちゃんとお店はありました。

そしてご対面。
「二体あるから選んでくださいね」と言われ、
迷ったけれど少しお茶目なお顔をしているほうにしました。

我が家のみるく様です。

どこへおこうか、決めていないのですがとりあえずTVの前へ。
埃がつくのがいやなので、ケースも買いましょうね。
これからずっと一緒です。

実はこのみるく様、お面の下から人が現れます。
八重山の豊年祭になかなか行けないけれど、
イメージを膨らませて遊びましょう。
今回の旅で唯一の自分へのお土産でした。
[PR]
by murikupana | 2013-07-05 13:52 | 日々のあれこれ

コンクールの旅 三日目 打上

打上会は「上原正吉の店 なーくに」で行われました。

思えば年に何度も那覇にきているのに、スバ屋さんもあまりいけなくて、
民謡酒場も最近行ってません。
(かつては大先輩が歌われていたお店に行ったこともありますが
そこがなくなって、寂しいな…。
よくこうして歌えば大丈夫だからと教えてもらったりしました。)
ですからとても有名なお店なのに、初めて行きました。

感想は? 楽しかった!の一言です。
プロの演奏を楽しませてもらいました。
三線、唄、太鼓、空手舞踊(こういう表現で良いの?)、もう、どれをとっても超一流です。
一番感動したのは正吉さんのお孫さんに当たるYちゃんの
鳩間節に合わせて踊る空手舞踊でした。かっこいい!の一言です。
若くて、才能があって、血筋が良くて。キラキラ光って見えましたよ。

そしてNETの演目はと言うと、全国からそれぞれ地元の民謡のお披露目があり、
八重山民謡あり、ゆんたあり、カチャーシーあり、色とりどりでした。
結局お開きになったのは四時間後。

夜も更けてぞろぞろと二次会へ流れ…。
私は翌日があるので帰りましたが、他のメンバーは帰ったのでしょうか…。
[PR]
by murikupana | 2013-07-05 13:42 | お稽古

コンクールの旅 三日目

いよいよ今日は最高賞、大賞の審査日です。

さすが、三日目になると疲れがたまってきて、なんせ、年ですから。

でも、会場に着くとやはり自分の受験を思い出して緊張します。
今日のお役目も集計係。頑張りましょう。

最高賞、大賞とも受験者のボリュウームはそんなに多くないので、
意外とスムーズに運びました。
ここまで来るとブザーが鳴ることはないので、
と思っていると鳴りました。本当にドキドキしました。
心臓に悪いです。
でも本人のほうがもっと堪えているはずですものね。

思うに、稽古以上のものは結果として出せないんです。
だからどれだけ稽古が大事か…。
60歳前の男性が三線の手が震えながらも歌いきる…。
たぶん今までの仕事の経験ではないはず。
それがとても大事なのかなぁ…と思いました。

さすが、最高賞、大賞となると聴きごたえがあります。
集計しながらも耳薬の時間でした。
[PR]
by murikupana | 2013-07-05 01:44 | お稽古

コンクールの旅 二日目

土曜日。
今日は三線新人賞の後半、器楽、三線優秀賞の審査です。
寝不足の目を擦りながら会場に着きました。
すでに前の広場で声だししている受験者もいて、「あぁ~この感じ。懐かしい!」と。
私も何年か前は受験者でしたから。

今回の私のお役目は集計係。
審査の集計をする役で、正確さを求められものすごいプレッシャーがかかります。


それでも粛々と審査は進んで行きました。
グループ毎に纏めて戻ってきた審査用紙をパソコンに打ち込みながら
皆さんの合格を祈りました。

意外と上がらずに歌っている方、
三線の手がぶるぶると震えている方、
三線が縦になっていながら的確に勘所を押さえている小学生、それぞれ頑張っています。

昼食を頂いたのは4時30分頃、それくらい時間的には厳しかったです。
百貨店勤めですから慣れているとはいえ、お腹すきました。

全ての審査が終え、集計が済んだのは午後10時。
さすがにぐったりしましたが、その後も稽古場に戻り、
大阪のメンバーと共に栄町の永楽で喉も、心も癒しました。

さぁ、明日は?
[PR]
by murikupana | 2013-07-05 01:14 | お稽古

コンクールの旅 一日目

2013年6月28日 金曜日 

夕方5時過ぎに到着。M本さんも同じ便だったので、一緒にユイレールに乗りました。
こちらは、ただ暑い!大阪が梅雨寒だったので、なおさらこたえます。

いつもの壺屋ガーデンハウスに荷物を置き、とりあえずお土産を手配しに国際通りへ。
これからの後の時間は自分の自由にならないので、
いつもまず最初にするのがお土産の手配です。

それから再びユイレールで首里の稽古場へ。

いつもの年のように遅くまで直前チェックが行われていました。
今回私は協会のお手伝いなので、チェックはI藤先生とK西先生です。
自分の時もそうでしたが、一つでも不安要素は
消しておいたほうが良いので、皆さんとても真剣でした。
終了したのは夜遅く。
私はK西先生T井さんと安里の地球屋へ。
なんせ昼食を食べたきりだったので、お腹がペコペコです。
遅くに食事すると太りますが、すき過ぎても眠れないのでそこは適当に。
ビールが美味しい!

明日が早いので早くに解散しました。 
[PR]
by murikupana | 2013-07-02 14:09 | 日々のあれこれ



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧