むりく花ぬ 咲かりょうり

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人の縁

1週間前の月曜日の出来事です。


朝、携帯がプルプルと。
「おはようございます。わたしわかりますか?」

はて、このイントネーションは沖縄みたいだけど、
電話してきて「わかりますか?」って聞く人に心当たりはありません。
しかもかなり若い女性のようです。
「えっと、ごめんなさい。どなたですか?」
「○○です」
「え、あの保育士の。和可奈ちゃん?」
「はい。」




1999年6月7日。
大工先生のゆんたしょーらパート4を見るために訪沖し、
さていよいよ帰る日の朝、壺屋の東窯あたりを散策。
シーサーの手頃なものがあれば買おうかなとぶらぶらしていると、
写生をしている小学生のグループに出会いました。
小学生は好奇心旺盛、大阪から来たおばちゃんに
「大阪では、○○こは何て言うの?」など、刺激的な言葉を連ねます。
(子供たちはどの地域も汚い言葉が好きですね(笑))
この子たちは与儀小学校の5年生でした。
「大阪へ帰ったら写真送るね」と約束して帰阪。
校長先生あてに人数分を焼き回しして送りました。
その中で唯一「ありがとう」と手紙をくれたのが和可奈ちゃんでした。

それから年一回の年賀状のやり取りが始まりました。
そして5年。
何度目かの訪沖の時に国際通りのスターバックスで再会しました。
彼女は見違えるほど大きくなり、そこには小学生の頃の面影はありません。
とても、はにかみ屋さんで、言葉少なく、緊張している感じでした。
そりゃそうです。
小学生の頃、たった一度しか会っていないおばさんとお喋りするのですもの。
学校のこととか、私の唄三線のこととか…。
この時、初めてプリクラなるものを取りました。

それでも日常に戻ると、記憶が少しづつ薄れていきました。




c0023461_10240952.jpg










「え、もう、今日帰るの? 私はお休みだから、帰る前に関空で会いましょう」
10年の時が過ぎて、関空で会いました。三度目です。
目の前の和可奈ちゃんは本当に素敵な女性に成長していました。
はにかみ屋さんでおっとりした雰囲気は変わらないもののすっかり大人です。
もう27歳。
あの時に緊張して喋れなかった女の子は、
USJに遊びに来て、たくさん並んだこと、
夜はゾンビが出てくるので怖いからスヌーピーの処で遊んでいたのと、
楽しそうに話してくれました。
この4月から正規職員として保育の現場で頑張っている事、など
搭乗までの短い時間でしたが、10年分のお喋りをしました。
なんか、胸がふぁ~っとするほど嬉しい時間でした。
メルアドを交換して、再会を約束して。

二人ともあの時のプリクラを持っていましたよ。
それもとっても嬉しかったですね。

また、沖縄に行く楽しみが増えました。









[PR]
by murikupana | 2014-09-24 10:26 | 日々のあれこれ

豊年祭の旅2014 その三

とりあえず、これを書ききらないと次に進めないので、
7月20日から23日までの旅、22日の記録です。


朝まず一番にチェックしたのは台風情報。
進行状況によっては今日の便で帰阪しなければなりません。
退院してすぐの母をヘルパーさんや妹頼みで来ていますから、
これ以上スケジュールが伸びたら…、ドキドキしました。
一緒にいったTさんが飛行機のスケジュールをチェックしてくれました。
決めるのは私ですが、親切に有難かったです。
結局、電話を掛けまくり、いろいろ考え、検討して、残ることに決めました。
腹をくくったということですね。

ということは今日はムラプール。
午前中はミンサー帯を購入したいという二人と付き合ってよりあい工房へ。
その後、パンナ公園、泡盛市場、そして島野菜カフェでランチ。
今日も美味しい食事です。
今回食べるものにはとても恵まれてはずれがなかったです。
これも美味しいもん処を一生懸命調べてくれた石垣の知人のおかげですね。
c0023461_00105800.jpg
c0023461_00113708.jpg
0|345#]
c0023461_00144716.jpg

さて、ムラプールですが。
正直、見るまでの感想はパワフルと聞くけど実際どうなのかな?でした。
芸達者な住民の皆さんの御嶽での奉納、プロではないし、どうなんだろう…。
でもそんな考えは吹っ飛びました。
保育園や学校など、団体単位で太鼓、踊り、唄三線など順に奉納していきますが、
それが半端やない出来です。
内地では一生懸命工工四や音源や聞いて稽古して歌を覚えます。
ここでは子供たちが幼い頃からちょっとできると
「上手だねぇ~」と褒めてもらえる。
植物が水を吸収するように身体で覚えていきます。
その違いは大きい!どんなに努力してもかなわない。
幼いころからのすりこみは凄いなと感じたわけです。
c0023461_00135872.jpg
c0023461_00131071.jpg
c0023461_00141877.jpg
お昼から夜まで、延々と、奉納芸能は続きます。
そして、参加者全員での大綱引きまで、心から楽しめました。最高でした。
夜になると旗頭に灯りがともってとても綺麗です。
c0023461_00184231.jpg
c0023461_00182798.jpg
c0023461_00171760.jpg
ここで暮らす人々の土地と、郷土芸能に対する心意気と言うか、誇りと言うか
ものすごいものを見せていただいたな、と思います。


終了して先生のお宅にご挨拶して、也さんともお話できて、
長い長い一日が終わりました。
近くの居酒屋でご一緒した友人たちとビールを飲みながら
「先生が言っていた歌が暮らしに根付いているってほんまや。」
しみじみとそう思いました。
体調の不安な母を大阪に置いての旅でしたが本当に来て良かったです。






[PR]
by murikupana | 2014-09-01 00:29 | 日々のあれこれ



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧