むりく花ぬ 咲かりょうり

安里屋節

ジムより帰宅してから、歌の稽古。
3で、「鷲ぬ鳥」「赤馬」「でんさー節」「つぃんだら節」
3日前から鼻風邪気味で、声の出が悪い。
いつものことねとボヤキながら、高さを2にしてもう一度「つぃんだら節」に挑戦。

なんだかのりが悪いなぁ。

「あがろうざ」を歌ってみる。
この歌は好きな歌なんだけど、変な覚え方をしたので気を抜くとその部分が怪しくなる。
最初に師匠以外の(保存会の女性が歌っている)音源で稽古していたので、
i一部違うメロディで覚えてしまった。
師匠の歌い方に矯正したがともするとその時の癖が出そうになる。
もう懲りたので今はないが、いろんな人のCDを突っ込んで聞くのも良し悪しかな。
あがろーざは出が「工」から始まり音の高い部分が続く。で登野城が「四」からで低い音が続く。
結果私の声では調弦を高くすると「裏声」→「地声」とくっきりとわかってしまう。
師匠に「ちかさん、八重山の歌は裏声は使わない」と注意されてから(安里屋でだったんだけど)
何を歌ってもそれが真っ先に気になる。
トラウマかなぁ。
だからこれは3では歌えない。

続いて「古見ぬ浦」これもすべる。と言うよりまだメロディがあやふやな部分がある。
しっかり稽古するのはコンクール後か?

「安里屋」を1の二揚げで。
しんどいなぁ。喉に力が思いっきり入り、肩もガチガチ。声も上ずる。
12に下げてもう一度。うん、ちょっとはまし?
3回歌うがどうも今日は声の出が良くない。
まだ風邪を引きづっているのか、それとも昨日の八重山組の宴会の疲れか?
いまいち乗れないので、今日の稽古終了。

約1時間30分。はぁ~疲れた。乗らない稽古ってダメージが大きいね。
[PR]
# by murikupana | 2005-01-09 22:52 | お稽古

プチ八重山弾き初め

c0023461_224078.jpg木曜日が稽古日のプチ八重山。
皆とは10日ぶりくらいだけど、
早く三線が弾きたくて仕事もチャッチャとかたして
佐々忠へ。もうすでに始まっていて、
ちんだみもそこそこに加わる。

皆と合わせて声を出していると心地よい。
一人で練習しているときは、語尾が震えたり、
声が裏返りそうになったりするのが気になるが、
合唱はあまり細かいところまで気を配らなくても良い。



それよりしっかりとメロディが追えているかのどうかが大切だと思う。
暮れの発表会ではあまり「上等」といえなかった「川良山」も
今日のほうが出来が良い。
しっかり歌が入っている IK田さんの前だからいっそう安心して歌えた。

そして新年からの課題曲「汗水節」 プチ八重山始まって以来初三下げの曲だ。
思っていたより難しい。特に七の勘所の位置が指1本分高い。
私みたいに小指がかなり短い人は左手のスナップを効かせて運指しないと、
七と八の勘所の間隔が狭いし、こんがらがってしまう。

リーダーのBっちーさん(本人いわく議長ですと言っている)から
「八の音が低いです」とチェックが入る。
自分では出来たつもりでもそうじゃないと、ここでははっきり言ってくれるので嬉しい。
そうか、八が低い。次回の課題だね。えっ、歌?いや、まだまだです。

プチでは唯一三下げの曲を一杯歌えるCyuんせさんから
「歌ののりがみんなきっちりしていて早いです。
三線より少し遅らせてためて歌うほうが、この曲らしい」とアドバイス。

プチお初の「八重山の歌」以外。こうして少しずつ、レパートリーが増えてゆく。
[PR]
# by murikupana | 2005-01-07 22:51 | お稽古

36年前の民謡紅白

おねだりした訳ではないけれど事の成り行きで、
師匠が36年前の民謡紅白のDVDを送ってくれると言う。
琉球放送開局50周年記念特別企画で12月に放送された番組だ。
素直にとても嬉しかった。なんといっても出演者が涎が出るほど、ゴージャスだ。

楽しみに待っていたら昨日ついた。
逸る気持ちを抑えてプレーヤーにセット。
目に飛び込んできたのは白黒の画像に、
髪をクルクルとセットアップしたむちゃくちゃ若い北島角子。
舞台装飾は中央で孔雀が羽を広げ(ちょうど酉年)、電飾がピカピカしている時代物だ。
そうかぁ。白黒やったんや。なんともノスタルジックな感じ。


でも北島さんのおしゃべりを聞いているうちに、一気に引き込まれてしまった。
正統派のウチナー口。ほとんど雰囲気でしかわからない。
現代の沖縄発のTV番組はアナウンサーなども、私たちにもわかるように喋ってくれるが、
この時代はそんなことお構いなし。
北島さんのちょっと早口のおしゃべりは速射砲のようにリズムがあって面白い。

宮良康正の「与那国ぬ猫小」から始まり、
上原正吉、大城志津子、玉城安定、国吉源次と続く。

みんな若い。けれど力がはっきりわかる。
だって三線1本だけだもの。
洋楽器の伴奏なんて無く、ひたすら自分のひく三線のリズムを信じて唄をのせてゆく。
この清さ、ひたむきさ。
ん~ん、参った。凄いわ。なんて先輩たちでしょう。

で、私の大好きな大濱みねさんは「でんさー節」
私は彼女の音源はテープ1本しかもっていない。
歌三線を始めて最初の頃、女性はどう歌っていいのかわからず、
ずっと彼女のテープを聴いていた時期がある。
「どんな人なんだろう」と
想像していたよりずっと若い映像とともにつややかな歌声が流れる。
かなり緊張しているのか、最後のでんさ~の部分が少し震える。
かなわんなぁ。私はまだまだこんな歌い方できない。


続いて歌う山里勇吉先生の後ろにわが師匠の姿が。
若くて、初々しくて、時々勇吉さんにチラッと送る視線は、今、 N吉さんが師匠を見る目と同じだ。
恋しているんだねぇ、これって。「八重山の歌」に魅せられたのか、師匠に魅せられたのか。
この当時の師匠の歌声は勇吉さんそっくり。
今N吉さんは師匠と息継ぎまで真似ようと努力している。
勇吉さんの「中筋ぬぬべーま」 師匠は三線の伴奏しかさせてもらえなかったが、
きっと緊張してバックを勤めていたんだろうなぁ。

このDVDは私のお宝になりそうだ。良いお年玉をいただけて嬉しい。
[PR]
# by murikupana | 2005-01-05 22:39 | 日々のあれこれ

民謡紅白

お正月の楽しみは、民謡紅白、東西民謡を見ることに尽きる。
もちろん沖縄県人だったらTVのスイッチポンで簡単なんだけど、
私は県外だからそういうわけにはいかない。
年末から那覇在住の友人に頼んでビデオに落としてもらって送ってもらう。
500円で郵送できる「エクスパック500」のお世話になっている。
本日無事に届き、ワクワクしながら荷解き、そして鑑賞となる。

フムフム、ここが去年と違うね。。。と思っても、これは縁起物の番組なのでそんなに違いは無い。
CMも含めてすべてが面白い。

でもあえて言えば、民謡界の重鎮と呼ばれる人の出演が少なくなってきて、
中堅から若手に移っているのかなぁと感じる。
でももっとほかの要素があるのかもしれないが、ま、そんなことはよくわかんないし
あまり知りたくも無い。

師匠、師匠。。。と

今年は民謡紅白で「とーがにすーざー」(苗子さんの琴、屋嘉部さんの笛)
東西民謡で「鷲ゆんた」(伊藤さん、有馬さん、屋嘉部さんのコーラス)の2曲。
八重山を代表する曲だけれど、酉年に「鷲ゆんた」ってべたねぇと微笑みながら、その声を堪能する。
しみじみと「ええ声やん。。。!」

なかなか師匠のように歌えないけれど、ゆっくりしかついていけないけれど
今年も目指してゆこう。
課題は一杯ある。直さなきゃいけないところばかり。頑張れ!

まずはリーダー会での曲も練習しなきゃ。。

ん?師は大工哲弘です。
[PR]
# by murikupana | 2005-01-04 20:08 | 日々のあれこれ

ただいまテスト中

ふぅ~~。結構たいへん。
ブログって簡単に考えていたけれど、これがなかなか。。。
画面のデザインや、目次(カテゴリーって言うんだよね)を考え、
どのブログサービスがいいのか選んで、
作っては壊しの一日。

結構譲れないのがCMの多いブログサービスって嫌という事。

画面の中で、
そのサービス会社の持っているサイトとか、リンクとかに誘導できるように
してあるでしょ。ポインターが指マークに変わって。。
あれいやなんだよね。
(でもそういうところのほうが、文字サイズが簡単に変えられたり、
スキンのデザインがコジャレていたりする)

シンプルが一番。だって記録だもん。
と言いつつ時間ばかりが過ぎてしまった。

ま、スキンがいまいちなのは、デザインもこれから増えるだろうから、我慢して。
とりあえずこれでいきましょうか。
[PR]
# by murikupana | 2005-01-03 21:40 | 日々のあれこれ

初ブログ

HPは持たないつもりだった。
だって更新するのが面倒くさいし、
友人のHPを訪ねるだけで時間が過ぎてゆく。
他のことが何も出来やしない。
だから私はしないよ、って言うのが口癖だった。それがなぜ。。。?



歌三線をはじめて3年半。
毎日稽古は出来ないけれどそれなりに真面目にやってきた。
でも一人は限界もある。悩みもする。
そんな中、北海道の同門の女性が「お稽古日記」なるものを書いているのを知り、
たびたび訪れるようになり、そして触発されて私も。。になった次第。

彼女と悩みの視点が同じだったりする。
声が低い、息が続かない、リズムが乱れる、などなど。
才能溢れる人が何気に通り過ぎてゆく部分も悪戦苦闘する。

私が彼女のお稽古日記に勇気付けられて、慰められて。
今度は私も書いてみようと思い立ったってとこですか。

文字に書いて残すことできっといつか役に立つときがくる。
丁寧にカッコつけず良いことも悪いことも書いてゆこうね。
[PR]
# by murikupana | 2005-01-02 22:12 | 日々のあれこれ



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧