むりく花ぬ 咲かりょうり

慢性腎不全 2

4月13日から月・水・金と動物病院に通っている。
その日は会社からピンポンダッシュで帰る。
帰宅して、服を着替えて、リュック型のケージでくうを背負って、
自転車でひたすら病院を目指す。
我が家から病院まで自転車で片道20分。
途中に帝塚山へ上るあの急でだらだら長い坂が待っている。
変速機のついていない自転車でひたすら漕ぐ。
もう心臓が持たないよ~、足が攣るよ~となって
やっと南海高野線の陸橋を越える。やっと半分。
ここからチンデンに沿って4丁目まで、またひたすら漕ぐ。
仕事帰りのこの時間は結構きつい。

「今日は自分で打って見ますか?」先生が短い針を渡してくれる。
慢性腎不全の猫を飼っている飼い主の何割かは自分で皮下輸液をうつ。
病院通いは猫にとってもストレスだし、一日おきの輸液より毎日のほうがいいからだ。
先生は長さ10センチくらいの針で打つが、私は怖くてそれは扱えない。
短いのなら出来るかもしれないと伝えると先生が取り寄せてくれた。

消毒して背中の皮膚を引っ張って斜め下に針を刺す。
一回目は向こうに突き抜けて輸液がもれた。
二回目は刺し足りず、輸液が入らない。
先生にもう少し刺してといわれて、力を入れてなんか「プチ」と音がしたような…。
結構な抵抗感だ。
150CCを入れる。

手が震えるくらいドキドキしたので
「こんなこと、毎日出来るんやろうか・・・。」と弱音を吐くと、
「大丈夫! 今日刺せたから。 出来ない人はまず、針を持たない。慣れるよ。」と先生。

食事は腎臓サポートの療養食に変えた。
美味しくないのか、なかなかご機嫌よく食べてくれないんだけど。
くうの体重を量るため、初めてヤフーオークションをした。
赤ちゃん用のデジタル体重計2000円。
体重は治療を始めてからやっと2.7kgまで戻った。
とりあえず目指せ3ヶ月。
[PR]
by murikupana | 2009-04-26 22:56 | くう&元気&もも
<< 引継ぎ 慢性腎不全 1 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧