むりく花ぬ 咲かりょうり

はぁ~~…

母の飼い猫元気が、ほとんど食べ物を口にしなくなって1週間が来ようとしています。
昨年の8月に腺癌を発症し、手術をして腸の一部をとりましたが、
主治医の先生から「あと、たぶん一年…」と言われていました。

手術後、全く餌を食べてくれなくてやせ細り、どうなる事かと思いました。
奇跡的に回復し、元通りと行かなくてもそれなりにふっくらとして、
安心したんです。
私の願いは「食いしん坊の元気にもう一度お腹一杯食べさせたい」でしたから
その願いは叶いました。嬉しくて…、やったぁ…と。

ですが…。

やはり癌の野郎は消えてくれず、少しずつ増殖していたんですね。
今年の8月、術後一年が過ぎる頃から食が細くなりました。

今は背骨もコツコツと当たるし、首周りの肉もげっそりして私の片手の指でまわります。
先生は無理に強制給仕しても吐くだけだから、よけいにしんどいから、と言われます。
口からの水分が不足してるだろうから、病院に輸液と安定剤を飲ませに通っています。
それもやめると、一気に弱るから…です。


雨の日も、風の日も、暑くても、寒くても、仕事の行きも、帰りも、
隙間を作って一年三カ月の間、
帝塚山の病院まで元気を背中にしょって、チャリで通いました。
それももうすぐ終わりになりそうです。

元気は母の息子ですが、最後の最後は私が手を掛けて慈しんだので
私のほうが参りそうです。悔しいなぁ…13歳で猫生ではまだまだ若いのに。



これを書いたのは12月の3日です。
今日9日朝、腹水を抜きました。
ぎりぎりまで待ったんです。抜けば楽になりますが、弱るから。
これだけ出るのってくらい、ペットシーツがボトボトになりました。
先生が「たぶん1リットルくらいかなぁ」って。


ひどく苦しまずに虹の橋を渡ってくれたら…と。
そして私のいる時間にしてねって。
最後まで付き合うから、さ。
by murikupana | 2011-12-09 23:54 | くう&元気&もも
<< 虹の橋を渡りました。 ランニング仲間の忘年会 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧