むりく花ぬ 咲かりょうり

虹の橋を渡りました。

2011年12月18日午後4時ごろ
元気君が虹の橋を渡りました。
13歳でした。

二度ほど吐いて後始末をしてそっと頭をなでていたら
その時は生きていたそうです。
だからその後、あたりだろうと…。

私が帰宅して様子を見たときにはもう駄目でした。

いずれにしてもそう苦しむことはなかったと思います。

9日に一回目の腹水を抜き、二回目が14日でした。
もう自分の足で立ち上がることもできずに
おしっこも寝たままでした。
これ以上の病院通いも可哀想なので私が輸液をしましたが、
本当に皮下がわからないくらい痩せてくっついていました。
湯たんぽを抱かせて毎晩母が添い寝をしていましたが 
だんだん代謝が悪くなって手足が冷たくなっていました。


大腸の腺癌で、腎不全で、余命は一年といわれながら
それでも頑張ってくれて、家族に笑顔を運んでくれました。
母のヘルパーさんにもとても可愛がってもらって幸せでした。

もう痛みも苦しみも何もないから、
お腹一杯ご飯食べて、走り回ってね。

心からありがとう。
いつまでも私の中に生きてるよ。元ちゃん、またね。
[PR]
by murikupana | 2011-12-18 22:37 | くう&元気&もも
<< 元気、その後 はぁ~~… >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧