むりく花ぬ 咲かりょうり

プチ八重山弾き初め

c0023461_224078.jpg木曜日が稽古日のプチ八重山。
皆とは10日ぶりくらいだけど、
早く三線が弾きたくて仕事もチャッチャとかたして
佐々忠へ。もうすでに始まっていて、
ちんだみもそこそこに加わる。

皆と合わせて声を出していると心地よい。
一人で練習しているときは、語尾が震えたり、
声が裏返りそうになったりするのが気になるが、
合唱はあまり細かいところまで気を配らなくても良い。



それよりしっかりとメロディが追えているかのどうかが大切だと思う。
暮れの発表会ではあまり「上等」といえなかった「川良山」も
今日のほうが出来が良い。
しっかり歌が入っている IK田さんの前だからいっそう安心して歌えた。

そして新年からの課題曲「汗水節」 プチ八重山始まって以来初三下げの曲だ。
思っていたより難しい。特に七の勘所の位置が指1本分高い。
私みたいに小指がかなり短い人は左手のスナップを効かせて運指しないと、
七と八の勘所の間隔が狭いし、こんがらがってしまう。

リーダーのBっちーさん(本人いわく議長ですと言っている)から
「八の音が低いです」とチェックが入る。
自分では出来たつもりでもそうじゃないと、ここでははっきり言ってくれるので嬉しい。
そうか、八が低い。次回の課題だね。えっ、歌?いや、まだまだです。

プチでは唯一三下げの曲を一杯歌えるCyuんせさんから
「歌ののりがみんなきっちりしていて早いです。
三線より少し遅らせてためて歌うほうが、この曲らしい」とアドバイス。

プチお初の「八重山の歌」以外。こうして少しずつ、レパートリーが増えてゆく。
[PR]
by murikupana | 2005-01-07 22:51 | お稽古
<< 安里屋節 36年前の民謡紅白 >>



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧