むりく花ぬ 咲かりょうり

2006年 02月 14日 ( 1 )

声の出し方

新人賞以来ずっと悩んでいる、声の出し方。
結論が出ないまま試行錯誤を繰り返して、その時々で少しだけ納得して歌っている。
八重山の歌は声を素直に腹から出して(という表現がいいのか)より遠くに届くように歌う。
そう思って、後輩にもそう言ってきた。

最近少し声の出方が違うような気がする。
それも体調のいいときで、喉が温まってきたときだけのこと。
まるでバレンタインチョコのように限定版だけど、
ほんのちょっとだけ、あれ?いいかな?と思えるときがある。
嬉しいような、次の日まで継続できない分悲しいような・・・。
響き方が違うだけかもしれない。
それでも4年、亀の歩みだけれどほぼ毎日唄って少しは上達したのか・・・。
今週末先生の指導を仰ぐ。

あぁ、怖い。
緊張するし、多分、思うように歌えないかもしれない。
それでも今後ずっと続く道だから、
ありったけの力でぶつかってこよう。
そして一年仕事頑張ったから、ちょっとだけご褒美。
今帰仁で一泊、一人旅。
[PR]
by murikupana | 2006-02-14 21:41 | お稽古



ふとしたきっかけで八重山の唄に出会い 遥かに続く歌三線の道に精進するというか悪戦苦闘する大阪のおばちゃんの記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧